So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg

REO Speedwagon / Can't Fight This Feeling [├Rock]




Oh, I can't fight this feeling any longer
And yet I'm still afraid to let it flow
What started out this friendship has grown stronger
I only wish I had the strength to let it show

I tell myself that I can't hold out forever
I said there is no reason for my fear
'Cause I feel so secure when we're together
You give my life direction
You make everything so clear

And even as I wander
I'm keeping you in sight
You're a candle in the window
On a cold, dark winter's night
And I'm getting closer than I ever thought I might

And I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
It's time to bring this ship into the shore
And throw away the oars, forever
'Cause I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
And if I have to crawl upon the floor
Come crushing through your door
Baby, I can't fight this feeling anymore

My life has been such a whirlwind since I saw you
I've been running around in circles in my mind
And it always seems that I'm following you, girl
'Cause you take me to the places
That alone I'd never find

And even as I wander
I'm keeping you in sight
You're a candle in the window
On a cold, dark winter's night
And I'm getting closer than I ever thought I might

And I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
It's time to bring this ship into the shore
And throw away the oars, forever
'Cause I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
And if I have to crawl upon the floor
Come crashing through your door
Baby, I can't fight this feeling anymore



もうこれ以上、この気持ちには耐えられないんだ。
気持ちが溢れ出してしまうことが怖くて。
友情として始まったはずなのに、大きく育ってしまい。
この気持ちを表現することが出来たならな。

自分自身に言い聞かせるんだ。
永遠に耐えることなんて出来ないよ。
怖がることは無いんだ。
僕らは一緒にいれば安心できるし、
君は僕に生きるべき方向を教えてくれたし、、
すべてのものを清らかにしてくれるからね。

迷ったとしても、僕は君から目を離さない。
君は、冬の夜の寒く暗い窓際のキャンドルのように温かく。
僕は、僕自身が思った以上に近づいていたんだ。

これ以上この気持ちには耐えられないんだ。
何に耐えていたのかも、わからなくなってしまったんだ。
船を岸に寄せる時だ。
オールなんて投げ捨ててしまえ、永遠に。
だからもう耐えられないんだよ。
何に耐えていたのかさえ、わからなくなってしまったんだよ。
床を這いつくばる時が来ても、
君のドアなんて突き破れ。
ねえ、もうこれ以上は耐えられないんだって。

君に出会ってから、僕の暮らしはつむじ風のように目まぐるしくて。
僕は、僕の心の中をぐるぐると走り回っているんだ。
まるでいつも君を追いかけるかのように。
だって君は、僕の見たことのない場所にひとりで連れて行ってくれるんだからね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
imgicb (1).jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。