So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg

TOP GUN [├Action]



製作年:1986年
製作国:アメリカ
原題:TOP GUN
ジャンル:洋画>アクション
監督:トニー・スコット
製作:ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:ビル・バダラート
脚本:ジム・キャッシュ、ジャック・エップスJr
音楽:ジョルジオ モロダー、ハロルド・フォルターメイヤー
出演:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワーズ、トム・スケリット、マイケル・アイアンサイド、ジョン・ストックウェル、バリー・タブ、リック・ロソヴィッチ、ティム・ロビンス、メグ・ライアン

カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地。そこにF-14トムキャットを操る世界最高のパイロットたちを養成する訓練学校、通称“トップガン”がある。若きパイロットのマーヴェリックもパートナーのグースとともにこのトップガン入りを果たし、自信と野望を膨らませる。日々繰り返される厳しい訓練も、マーヴェリックはグースとの絶妙なコンビネーションで次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼の型破りな操縦を無謀と指摘する。その一方で、マーヴェリックは新任の女性教官チャーリーに心奪われていく。







懐かしすぎます。

まず、お断りしておきますが、前回の映画のお話で、戦争は良くない、と発言しましたが、この映画は、戦争映画ではありません。

なんと表現してよいのか。
いかにもアメリカ的?な。
アメリカン・ドリーム、とは言わないかな。

見所は、トムクルーズが出てる事?

戦闘機での空中戦。
手に汗握ります。

ホント、コテコテのアメリカですが、観終わったときの爽快感は、バツグン。
カッコ良くて、気持ちいい。

これぞ、娯楽映画。










タグ:Top Gun
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

私は貝になりたい [├アクション]



製作年:2008年
ジャンル:邦画>アクション
監督:福澤克雄
脚本:橋本忍
音楽:久石譲
出演:中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、西村雅彦、平田満、マギー、武田鉄矢、伊武雅刀、六代目 片岡愛之助

BC級戦犯死刑囚の悲劇を描いた名作を、ドラマ『砂の器』などの演出を手掛けた福澤克雄監督、SMAPの中居正広主演でリメイク。本土防衛の部隊に召集された豊松は、上官から捕虜となったアメリカ兵の処刑を命じられ…。







泣いてしまいました。

フィクションだとわかっていても、どんなにこらえても、
あふれ出すものをとめる事はできませんでした。

なんて、理不尽な。

主人公が、明るい性格なだけに、余計に・・・

戦争は良くない。
絶対に、戦争はしてはいけない。

命の尊さについて、考えさせられました。

エンドロールでのMr.Childrenも泣かせます。








nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

高中正義 / 虹伝説 [├フュージョン]


高中正義 / 虹伝説
1981年

ソロ・アーティストとしてはもちろん、サディスティック・ミカ・バンドやサディスティックスのメンバーとして、さらには矢沢永吉や井上陽水など錚々たるアーティストたちの作品に参加し、聴けばすぐに分かる “高中節” とも呼ぶべきプレイで数々の作品を残してきた高中正義。日本人ロック/フュージョン・ギタリストの最高峰ともいえる彼が、1981年にリリースしたアルバム。イタリアの画家、ウル・デ・リコの「虹を食べる小鬼」を主人公とする絵本「THE RAINBOW GOBLINS」をテーマに、12枚の絵に対してそれぞれ1曲ずつ楽曲を作るという形式で制作されたコンセプチュアルなアルバムで、時に軽快に、時に穏やかに、時に激しく、そしてインストゥルメンタル・アルバムでありながら、時には “ギターで歌って” いるかのようにすら感じさせる表現力豊かなギター・プレイは、まさにワン&オンリーとしか言いようのない高中ワールド。日本の音楽シーンにおいて歌ものが主流の時代にインストゥルメンタルの持つ豊かさと可能性を軽やかに示した一枚である。ちなみに、"Thunder Storm" はプロレスラー・天龍源一郎の入場テーマ曲としても人気が高い。





昨日は雷が鳴った。
雷の後には虹。
虹の写真を撮りたかったが、残念ながら、虹は現われず。

虹?

虹といえば、『虹伝説』。
ギターを弾く人なら、チェック、してるんじゃないですか?

基本的に、彼の楽曲には、歌がない。
すべてのイメージを音で表現。

このアルバムは、とある絵本をイメージして、作ったもの。
個人的に、このアルバムが、彼の最高傑作だと思っている。

壮大で、ドラマチックな展開を聴かせる、ラストナンバー。
ライブ音源です。






当時、YAMAHAのSG-2000が欲しかったな。



まだ、生徒であったGHBには、手の出せるお値段ではなかった。
お正月のお年玉を集めても、全然届かなかった。




nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

A HA / Hunting High and Low [├New Wave]


A HA / Hunting High and Low
1985年6月1日

ノルウェー出身の3人組ユニットが放った80年代の代表的アルバム。キャッチーなイントロが印象的な「テイク・オン・ミー」はアニメーションを駆使した画期的なビデオクリップも手伝って、MTVから火が点き全米1位を獲得する大ヒットとなった。





ベストヒットUSAで観たビデオクリップ。
エンピツな感じが印象的。













nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スペクトラム / GOLDEN☆BEST [├ブラスロック]


スペクトラム / GOLDEN☆BEST
2008年12月17日

レーベルの枠を超えた邦楽ベストの決定版“ゴールデン☆ベスト”シリーズのスペクトラム編。日本のブラス・ロックの雄、スペクトラムの2枚組ベスト。トランペットの新田“ヨロシク”一郎による選曲で、ファンにはたまらない一枚。






まだ小学生だった。
音楽に興味を持ち始めていた頃。
好きだったのは、ゴダイゴとスペクトラム。
スペクトラムは衝撃的だった。
バンドというものに憧れていたが、スペクトラムは、使っている楽器が普通のバンドとは違っていた。
ギターとかベースは当たり前。
トランペットですよ。
それに、あのコスチューム。
小学生の自分にはカッコ良くてたまんなかった。
トランペットなんて、歌謡曲の楽団くらいにしか思っていなかった。
果たして、どれくらいの人が、スペクトラムを知っているのだろうか?








【送料無料】スペクトラム/GOLDEN☆BEST

【送料無料】スペクトラム/GOLDEN☆BEST
価格:2,468円(税込、送料込)


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アルマゲドン [├Action]



製作年:1998年
製作国:アメリカ
原題:ARMAGEDDON
ジャンル:洋画>アクション
監督:マイケル・ベイ
製作:ジェリー・ブラッカイマー、ゲイル・アン・ハード、マイケル・ベイ
脚本:ジョナサン・ヘンズリー、J・J・エイブラムス、スコット・マイケル・ローゼンバーグ
撮影:
ジョン・シュワルツマン
音楽:トレヴァー・ラディン、トレヴァー・ラビン
出演:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リブ・タイラー、ウィル・パットン、スティーブ・ブシェミ、ピーター・ストーメア、キース・デビッド、ウィリアム・フィクトナー、マイケル・クラーク・ダンカン、オーウェン・ウィルソン

地球への衝突コースを取る小惑星が発見された。もしも、テキサス州の大きさにも匹敵するその小惑星が地球に激突すれば、人類の破滅は免れない。これを回避する方法はただひとつ、小惑星内部に核爆弾を設置し、内側から破壊するしかない。そしてその任務に選ばれたのは石油採掘のスペシャリストたちだった。刻々と迫る滅亡へのカウントダウンの中、人類の運命を委ねられた14人の男たちは小惑星へと飛び立った!







何度観ても、涙してしまう映画。

実際にはあり得ない、ほんの1週間くらいの訓練で、宇宙へ。
あんな危険な仕事、断る人のほうが多いのでは?

娘を持つ父親として、泣かずにはいられない。
自分は、イザというとき、あんなにカッコいい父親になれるのか。
ならなくちゃいけないだろうし、きっと、なるのかな。

音楽もいいね。






nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

セリーヌ・ディオン・トリビュート [├J-POP]


「セリーヌ・ディオン・トリビュート」
2007年9月26日

00年代を代表するJ-POPシンガーたちによるトリビュート・アルバム。空前の大ヒット曲「MY HEART WILL GO ON」(「タイタニック」主題歌)を正面から、堂々と歌い上げてみせた伊藤由奈、「TO LOVE YOU MORE」にR&B~ヒップホップ系のトラックを加えることで、ユニークな解釈を示したK(featuring aki)、「BEAUTY AND THE BEAST(映画「美女と野獣」のテーマ)におけるコーラス・ワークの美しさを強調してみせたSOULHEAD、高いテクニックとエモーショナルな表現力が求められる「BE THE MAN」を完璧に歌いこなしたLISA、デュエット曲である「THE PRYAER」をあえてひとりで表現してみせた平原綾香。それぞれの個性を活かした魅力的なカバーの数々は、セリーヌ・ディオンが持つあまりにも奥深い音楽性をあらためて浮き彫りにしている。


1. MY HEART WILL GO ON / 伊藤由奈
2. TO LOVE YOU MORE / K (featuring aki)
3. THE POWER OF LOVE/ JUJU
4. BEAUTY AND THE BEAST / SOULHEAD
5. BECAUSE YOU LOVED ME / 福原美穂
6. IT’S ALL COMING BACK TO ME NOW / 星村麻衣
7. IMMORTALITY / Lyrico
8. BE THE MAN / LISA
9. I’M YOUR ANGEL / 加藤ミリヤ&清水翔太
10. THE PRAYER / 平原綾香










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ozzy Osbourne / Bark At The Moon [├Heavy Metal]


Ozzy Osbourne「Bark At The Moon」
1983年12月10日

ランディ・ローズの後任として元ラット~ラフ・カットのジェイク・E・リーを迎えてリリースされた3作目のオリジナル・アルバム。そのリーの派手なプレイを中心とした華やかなサウンドが受け、全英24位、全米では19位にチャート・イン。タイトル曲や「ソー・タイヤード」はシングル・ヒットも記録した。狼男に扮したジャケットのインパクトさながらに“ヘヴィ・メタルの帝王"たるオズボーンの圧倒的な存在感が示された作品。




オジーといえば、ランディではなくジェイクなのです。
GHBの場合はね。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゼロ・グラビティ [├SF]



製作年:2013年
製作国:アメリカ
原題:Gravity
ジャンル:洋画 > SF
監督:アルフォンソ・キュアロン
製作:アルフォンソ・キュアロン、デビッド・ハイマン
製作総指揮:ニッキー・ペニー、クリス・デファリア、スティーブン・ジョーンズ
脚本:アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
音楽:スティーヴン・プライス
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー

地球から60万メートル上空。スペースシャトルでのミッション遂行中、突発的事故により、無重力空間(ゼロ・グラビティー)に放り投げ出されたふたりの宇宙飛行士。ふたりをつなぐのはたった1本のロープ。残った酸素はあと僅か!真っ暗な宇宙空間の究極的な状況の中、果たしてふたりは無事、地球に生還することができるのか…!





宇宙空間にたった一人。
死への恐怖感、パニック感、孤独感。

ただの恐怖心を煽っているだけのつまらない映画。

こんな風に思ったのは、DVDだから?

劇場版3Dで観たならば、美しい映像と迫力で、感動したかも知れない作品。

皆さんの感想はいかに?



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

Mötley Crüe / Theatre Of Pain [├Heavy Metal]


Mötley Crüe「Theater Of Pain」
1985年6月21日

メイクとファッションだけではなく、派手なパフォーマンスで「バッドボーイズ」の名をとどろかせたモトリー・クルーの3枚目。ファースト~セカンドアルバムからのヘヴィなサウンドをベースに、新たな一面を見せている。
ファーストシングルとなったカバー曲<2>は、ブルースハープを効かせたノリの良いロックンロールだ。全米チャート上位を記録した<5>は、シンプルなピアノからドラマチックに盛り上がるロックバラードをプレイ。ドラッグ漬けのなかから生まれたとは思えない、彼らの成長期を代表するアルバムだ。





ギター弾きにとっては、あまり、魅力的ではなかった。
派手なコスチュームや私生活に、注目は集まっていたと思う。
個人的にはあまり聴かなかったが、「ベストヒットUSA」等では、彼らのビデオクリップはよく目にした記憶がある。
現在も活動中らしい。









Theatre of Pain

Theatre of Pain

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Beyond Records
  • 発売日: 1999/06/01
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
imgicb (1).jpg