So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg

RAINBOW / Difficult to Cure [├Hard Rock]



1981年2月3日






ギター少年だった頃、このLPを録音したカセットテープを渡され、練習するように言われた。

邦題「アイ・サレンダー」

あやうく、レインボーのコピーバンドに入れられそうになった。

あまり、リッチーのギターには興味は無かった。

でも、この事件?をきっかけに、練習はしてみた。













20090805
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ウルフ・オブ・ウォールストリート [├Dorama]



一攫千金を夢見るジョーダン・ベルフォートは、ウォール街の証券会社に就職する。しかし、トレーダーとしてデビューを飾る日に“ブラック・マンデー"が起こり失業してしまう。その後レストランで出会ったドニーとドラッグのディーラーを雇い株式会社を設立、1ドルにも満たない“ペニー(クズ)株"を巧みな話術で金持ちに売りつける商法で巨額の富を手にする。一気にウォール街のカリスマとなったジョーダンは、稼いだ金を高級車やドラッグ、娼婦につぎこみパーティ三昧の狂乱の日々を続けるが……。
【R-18】









掃いて捨てる程のカネを手にすると、人はこうなってしまうのか。

他に、使い道は無いのか。


足元にも及ばない、遥か彼方の世界。
想像すら出来ない。


映画としては、どうなんでしょう。
映画賞を取った作品は。。。。。

評価は概して良いようですが、それでも最低の評価をしている人もいて。

どちらかと言えば、GHBには、ダメでした。

R-18ということで、画面上の過激さは、興味をそそりますが。
ストーリー性とか、メッセージ性とか。
伝わって来るものが何も感じられず。

ただラリって大騒ぎして、仕舞いにはお上に目を付けられて。

撮影は楽しかったでしょう。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンヴィル! ~夢を諦めきれない男たち~ [├Document]



製作年:2009年
製作国:アメリカ
原題:ANVIL! THE STORY OF ANVIL
ジャンル:HOWTO>ドキュメント/その他
監督:サーシャ・ガバシ
製作総指揮:サーシャ・ガバシ、クリス・ソース
出演:アンヴィル、スティーヴ・“リップス"・クドロー、ロブ・ライナー[ミュージシャン]、スラッシュ、スコット・イアン、ロブ・ライナー、ラーズ・ウルリッヒ、レミー、スコット・アイアン、Velvet







1984年8月。


今では当たり前に行われている夏フェス。
当時としては画期的な、ロックバンドばかりを集めた野外イベント。

その出演者の中のひとつが、カナダのヘビーメタルバンド、アンヴィルだ。

このイベントで、ボンジョヴィは初来日。
スコーピオンズ、マイケルシェンカー、ホワイトスネイク。

当時、高校2年生だったGHBも、その会場、所沢球場に居た。



この時に来日したグループは売れた。
しかし、アンヴィルは。。。。。。

現在活躍中の多くのロックミュージシャンにリスペクトされていたアンヴィル。
にもかかわらず、アンヴィルは売れなかった。

それでも、彼らはあきらめなかった。

客の入らないライブ。
ギャラの未払い。

数多くの苦難を乗り越えた。



そして、あの時から四半世紀。
日本からのライブのオファーが。

キャパ20,000人の会場。
「客が居なかったら申し訳ない。」

そんな不安を抱いていたメンバー。


そして、ステージに立った彼らの見たものは。。。。。


会場を埋め尽くすオーディエンス。




鳥肌が立ち、涙が流れた。
こんなGHBを笑わないで下さい。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブラック・レイン [├Action]



製作年:1989年
製作国:アメリカ
原題:BLACK RAIN
ジャンル:洋画>アクション
監督:リドリー・スコット
製作:シェリー・ランシング、スタンリー・R・ジャッフェ
製作総指揮:クレイグ・ボロティン、ジュリー・カーカム
脚本:クレイグ・ボロティン、ウォーレン・ルイス
撮影:ヤン・デ・ボン
音楽:ハンス・ジマー
出演:マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、松田優作、ケイト・キャプショー、若山富三郎、内田裕也、國村隼、安岡力也、神山繁

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニック(ダグラス)とチャーリー(ガルシア)両刑事は、その犯人佐藤(松田)を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。府警の松本(高倉)の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった。







松田優作に似ている。
かつて、そう言われたことのあるGHBです。


古い作品であるが、初めて観た。

松田優作が癌に侵されながらも、周囲には知らせないままに撮影を行った。
ちなみに、安岡力也だけは知っていたらしい。

すでに死を覚悟していたのか、鬼気迫る、迫真の演技。
芯からの悪党らしい、あの鋭い眼つき。
恐ろしいほどに、魂の籠っている。

作品としても、良い作品だと思う。

近頃になく、夢中になって鑑賞した。
次のストーリー展開が気になって。

これほど夢中になれる作品、そうそうお目にかかれませんよ。

配役もバッチリ。

汚れ役のデカ、マイケルダグラス。
クソが付くほど真面目な刑事、高倉健。
そして前述の松田優作。

最高にハマり役で、カッコいい。

マイケルダグラスと高倉健。
はじめはギクシャクとした関係だったが、次第に心境の変化とともに、国境を越えたよきパートナーへと変わっていく。
お互いに影響されながら、吸収しながら。
相棒を亡くしたマイケルの胸に、高倉健の誠実で真面目な言葉が突き刺さる。
男の友情物語でもある。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Y&T / Down for the Count [├Hard Rock]



1985年

アースシェイカーからA&Mに移りバンドとして驚異的な飛躍を成し遂げたY&TがGeffenレーベルへ移るきっかけになったアルバム。当時全世界でLAメタル旋風を巻き起こし彼らもその恩恵を受けが楽曲サウンドもその方向に傾いていたことが感じられる。















20090731
nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

浜田麻里 / RETURN TO MYSELF [├ハードロック]



1989年6月7日

遂に女性ヴォーカリストNo.1のステイタスを確立した彼女の10作目。3度目のL.A.レコーディングのせいか,向こうの水にも慣れ,瑞々しくもベストな音をクリエイトしている。大ヒット1をはじめ,ヒューマニックでエモーショナルな魅力溢れる人魂の力作だ。







夏は暑い。

暑い夏には、熱い音楽を。

なんだか、キレイ系が好きみたいで。

でも、重要なのは音楽ですから。






RETURN TO MYSELF


20090804
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラスト・ターゲット [├Dorama]



製作年:2010年
製作国:アメリカ
原題:THE AMERICAN
ジャンル:洋画>ドラマ
監督:アントン・コービン
原作:マーティン・ブース
出演:ジョージ・クルーニー、ヴィオランテ・プラシド、テクラ・ルーテン、ヨハン・レイゼン、フィリッポ・ティーミ
人生は、最期がもっとも美しい―。ジョージ・クルーニー主演、アントン・コービン監督が放つ清冽なスタイリッシュ・サスペンス!ヨーロッパの裏社会では知らぬ者なき孤高の暗殺者ジャックは命を狙われ、イタリアの山岳地帯にある小さな町に身を隠す。町の人々とふれあい、そして恋に落ちたジャックは、次の仕事を最後に裏社会から引退することを決意する。その最後の標的ラスト・ターゲットとなる人物は―?







ジョージ・クルーニー演じる殺し屋ジャック。
その殺し屋が、冒頭のシーンから逆に命を狙われる。
ボス?に言われ、イタリアの田舎町に身を隠す。
にもかかわらず、そこでも命を狙われるジャック。
そこで仕事の依頼が。
改造銃の制作。
そして、ジャックは一人の娼婦と恋に落ちる。
この仕事を最後に、裏社会から足を洗う決意をする。
まさか、この最後の仕事までもが、自分の命を狙う為の物とは。

ジャックの運命はいかに?
黒幕の正体は?


孤独に生きる、男の悲しい物語。
殺し屋故、友人も家族も居ない。
自分の正体を知られないために、恋人の命さえ奪わなくてはならない。
もう十分だ。
安らげる人生が欲しい。
新しい恋を、最後の恋にしよう。
そう思った矢先の出来事。
美しくも、悲しい物語。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シックスセンス [├Horror]



製作年:1999年
製作国:アメリカ
原題:THE SIXTH SENSE
ジャンル:洋画>ホラー
監督:M.ナイト・シャマラン
製作:キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、バリー・メンデル
製作総指揮:サム・マーサ
撮影:タク・フジモト
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、トニ・コレット、オリビア・ウィリアムズ、トレバ・モーガン、ドニー・ウォルバーグ、ミーシャ・バートン

高名な精神科医のマルコムは、かつて担当していた患者からの凶弾に倒れてしまう。リハビリを果たした彼は、複雑な症状を抱えた少年・コールの治療に取り掛かる事に。コールは常人には無い特殊な“第6感”――死者を見る事ができる能力――を持っていた。コールを治療しながら、彼によって自らの心も癒されていくマルコム。そして彼には予想もつかない真実が待ち受けていた……。B・ウィリス主演のサスペンス・スリラー。








死者が見えてしまう少年と、精神科医のお話。

どのようにして、死者が見える恐怖を克服するのか。

ただのホラー映画だと思い、気が進まなかった映画。

怖いのが嫌いなわけじゃない。

幽霊とか怪奇現象とか、一切信じないGHB。

正直、アホらしくて・・・

まぁ、手に取ってしまったので、観てみました。

素晴らしい映画でした。

これは、ホラー映画ではありません。

愛です、愛。

テーマは愛。

夫婦の愛。

親子の愛。

医者と患者の愛。

息子への不信感が、息子ちゃんの勇気ある告白により、大きな愛へ。

夫婦が、すれ違いばかりの生活だったと思いきや、実は、お互いに愛し合っていた。

ハッピーエンドだけど、ハッピーエンドじゃない。

観た人にしかわからない、心地よい感動が待っています。







20090730
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

森高千里 / 見て [├J-POP]



1988年11月17日

1.おもしろい(森高コネクション)
2.別れた女
3.私が変?
4.ALONE
5.ストレス
6.出たがり
7.戻れない夏
8.見て
9.LET ME GO





バイク乗ったり、クルマ乗ったり。

そんな感じの10代の終わり頃。

よく聴いてたな。

当時の深夜番組、「オールナイトフジ」って番組だったと思う。

彼女が歌ってて。

で、ビビビ、って来ちゃってさ。

そのとき、歌ってのがALONE。











20090729
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チャーリーとチョコレート工場 [├SF]



製作年:2005年
製作国:アメリカ/イギリス
原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
ジャンル:洋画>SF
監督:ティム・バートン
製作:ブラッド・グレイ
製作総指揮:ブルース・バーマン、マイケル・シーゲル[製作]、ブルース・バーマン、グレアム・バーク、フェリシティ・ダール、パトリック・マコーミック
脚本:ジョン・オーガスト
原作:ロアルド・ダール
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ダニー エルフマン
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム・カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォックス、ディープ・ロイ、クリストファー・リー

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないという、謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが…。








チョコレート工場への招待状。

そのゴールドチケットを手に入れられるのは、世界でたったの5人。
さらに、その5人の中から1人に、素敵なプレゼントが・・・

子供向けのファンタジー。
観る前は、そんなイメージを持っていた。

なかなか、良い映画です。
お子様と一緒に観たいですね。

世の中、技術が進歩し、裕福になり、カネさえあれば、何でも手に入れられる。
生活は便利になり、豊かになった。

それでいいのか。

ホントに、それだけでいいの?
あなたにとって、大切なものは?

お金?

名声?

それとも・・・

そんな事に気が付く映画です。

また、子供のしつけとか、育て方とか、親としてのあり方。
たくさんのヒントがもらえます。

子供が観て、ただおもしろいな、だけじゃなく、それ以外の「何か」に気が付いてくれたら、いいと思います。

ぜひ、お子様と。







20090724
nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
imgicb (1).jpg