So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg

タイタンの逆襲 [├SF]


製作年:2012年
製作国:アメリカ
原題:Wrath of the Titans
ジャンル:洋画 > SF
監督:ジョナサン・リーベスマン
製作:ベイジル・イヴァニク、ポリー・ジョンセン
製作総指揮:ルイ・レテリエ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、カラム・マクドゥガル、ケヴィン・デラノイ、ルイ・ルテリエ
脚本:ダン・マゾー、デヴィッド・レスリー・ジョンソン、デヴィッド・レスリー・ジョンソン、デイビッド・レスリー・ジョンソン
撮影:ベン・デイヴィス
音楽:ハビエル・ナバレテ
出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ダニー・ヒューストン、エドガー・ラミレス、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ、ジョン・ベル、リリー・ジェームズ、サム・ワーシントン
レイ・ハリーハウゼンが手がけた往年の特撮映画を最新のCG映像でリメイクしたスペクタクル・アクション・アドベンチャー「タイタンの戦い」の続編。主演は「アバター」のサム・ワーシントン、監督は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマン。神々の王ゼウスと人間とのあいだに生まれた勇者ペルセウスは、愛する一人息子と穏やかな毎日を送っていた。一方天上界では、神々の力が弱まり、巨神タイタン族の封じ込めにほころびが生じ始めていた。もしタイタンの王クロノスが復活すれば、人類はおろか世界が終焉を迎えてしまう。そんな中、ゼウスから協力を求められるも、息子との生活を大事にしたいペルセウスはこれを拒絶してしまうのだったが…。(TSUTAYA DISCAS)













2012-10-09
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アフロ田中 [├ドラマ]


製作年:2012年
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:松居大悟
脚本:西田征史
原作:のりつけ雅春
出演:松田翔太、佐々木希、田中圭、堤下敦、駒木根隆介、原幹恵、美波、吹越満、皆川猿時

マジで!?の累計400万部!不測の大ヒット漫画が超無謀キャストで完全映画化!

☆人気若手俳優“松田翔太"がまさかのアフロ!?そしてヒロインは日本で最も美しい“佐々木希"!
大・大・大注目の2人が送る、笑って元気になれる新世代ラブコメディ!!

☆ダメ男=田中を取り囲む共演陣にも注目!話題の人&豪華俳優が集結!!
田中の周りには人気お笑いコンビ=インパルス堤下敦、田中圭、遠藤要、駒木根隆介と、個性的なメンバーが顔を揃える!
さらに、原幹恵、美波、吹越満、皆川猿時、辺見えみり、リリー・フランキーと豪華俳優陣!ほかにもあやまんJAPAN、武田修宏、佐藤二朗など濃ゆ過ぎる面々が集結した!

☆ビッグコミックスピリッツ連載10年!累計400万部突破の大人気コミック待望の映画化!
☆本人も童貞!?若干26歳の松井大悟が商業映画初メガホンをとる!
☆主題歌を「夜を越えて」を歌うのは主人公と同じくアフロヘアーの「鶴」!!

【ストーリー】
まだ見ぬ彼女を探し求める妄想男子、間違えまくりの奮闘記。
強烈な天然パーマでこの世に産まれ落ちた田中広。24歳になった今も彼女は出来ず、日々をなんとなく過ごしていた。
そんな時、学生時代からのダメ仲間大沢、岡本、村田、井上のうち、井上が婚するとの知らせが舞い込む。驚きと共に田中が思い出した“誰かが結婚する時、それぞれの彼女を連れていこう"というモテない男ならではの悲しい約束。「やばい…、これは早急に彼女を作らねば!」
そんな田中の前に、お隣に引越してきた加藤亜矢が現れた!「あんなのどうこうできるはずないだろ!」激しくあふれ出す好意(と性欲)をおさえられない田中。
果たしてXデー(ただの友達の結婚式)までに彼女を作ることができるのか!?(Amazon.co.jp)








気が付けば、ニヤケながら観ている自分がいた。

まだ若かったあの頃の自分。
自分はどうだったかな。
思い出してみて欲しい。

かなりダブル部分があるんじゃないかな。

笑いはもちろん。
笑ったかと思えば、ポロリと涙もあり。

コッぱずかしくて「青春」なんて言えない、あの頃を懐かしむ。
そんな年齢になった人たちにもおススメできる作品。

バカらしい程のエピソードだけど、決して大げさじゃない。
きっと、みんなにも心アタリが。

音楽は、鶴ヶ島市出身の3ピースバンド、鶴が担当。
現在は違うが、3人ともアフロヘアー。
要チェックなバンドです。













2012-09-25
タグ:アフロ田中
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

宇宙人ポール [├Comedy]


製作年:2010年
製作国:アメリカ
原題:PAUL
ジャンル:洋画 > コメディ
監督:グレッグ・モットーラ
製作総指揮:ロバート・グラフ[製作]
音楽:デビッド・アーノルド
出演:サイモン・ペッグ、ジェイソン・ベイトマン、ブライス・ダナー、シガニー・ウィーバー、ミア・ストールラード、ジェフリー・タンバー
アメリカのコミック業界最大のイベント“コミコン"に参加するため、イギリスからはるばるやって来たSFオタクの若者グレアムとクライヴ。そんな彼らのもう一つの目的は、アメリカ西部に点在する有名なUFO関連の名所を巡ること。さっそくキャンピングカーでドライブに繰り出すが、いきなり車の事故現場に遭遇、様子を見に近づいた2人の前には、なんと本物の宇宙人が姿を現わしたのだった。“ポール"と名乗った宇宙人は、60年前に不時着して以来、政府機関に囚われの身となっていたのだった。グレアムとクライヴは、アメリカ文化に染まりきったポールの言動に戸惑いつつも、彼を故郷の星に帰してあげようと一肌脱ぐことにするのだが…。(Amazon.co.jp)







宇宙人とか幽霊とか。
そんなの全然信じていないGHBです。

しかし、この映画は面白い。
一瞬、SF映画のようにも見えますが、実は、コメディですね。
いろんな映画のパロディ?が登場します。

エイリアンと民間人が出会うことで、悲劇的な方向にストーリーが進むのではなく、エイリアンはとっても友好的。
いろんな事件を起こしながらストーリーは進み、いつしか芽生えた宇宙人と地球人との友情。
エンディングも、コメディにしては、まあまあ感動的。

観る前の想像を、いい意味で裏切ってくれる、爽やかな感動が残る作品です。

政府は、エイリアンの存在を認めてはいませんが、仮に、このようなエイリアンだったなら、宇宙人が存在しても、悪くはないかなぁ。







2012-08-23

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フレンズ もののけ島のナキ [└アニメ]


製作年:2011年
製作国:日本
ジャンル:アニメ > キッズビデオ
監督:山崎貴 、 八木竜一
製作:亀井修、平城隆司、飯島三智、加太孝明、島村達雄、北川直樹、佐藤慶太、喜多埜裕明
脚本:山崎貴
音楽:佐藤直紀
出演:香取慎吾、山寺宏一、阿部サダヲ、加藤清史郎
浜田廣介の児童文学『泣いた赤おに』をベースに、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が3DCGアニメに初挑戦したファミリー・ファンタジー。共同監督には山崎貴と同じ白組所属のクリエイター、八木竜一。赤おに・ナキの声をSMAPの香取慎吾が担当。おそろしいもののけが住むと言われ、近づくことを禁じられた不気味な島にある日、人間の赤ん坊・コタケが迷い込んでしまう。ところが、人間を恐れてひっそりと暮らしていたもののけたちは、突然現われたコタケを見てパニックに。そんな中、コタケを人質にしようと考えた村の長老は、赤おにのナキにコタケの面倒を見るよう命じるが…。(TSUTAYA DISCAS)







子ども用に借りてみました。


ところがどっこい。
最高に素晴らしい映画でした。

子ども向けのアニメーション映画。
ほんの軽い気持ちで観ました。

しかし、その内容は。。。。。

涙の感動大作。

お子様と。
恋人と。
友達と。
ご夫婦で。
お一人で。

どんなスタイルでも構いません。

心地よい感動に包まれることでしょう。

なるべく多くの人に観てもらいたいので、ここでは、作品の内容には一切、触れないでおきます。

原発事故による、放射能の問題。
大飯原発再稼動。
消費税率アップ。
不景気。

頭を悩ませる問題だらけ。

そんな乾いた心に。
ほんのひと時でも、潤いを。。。。。













2012-07-03

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アジャストメント [├SF]


製作年:2011年
製作国:アメリカ
原題:THE ADJUSTMENT BUREAU
ジャンル:洋画 > SF
監督:ジョージ・ノルフィー
製作総指揮:イサ・ディック・ハケット
原作:フィリップ・K・ディック
音楽:トーマス・ニューマン
出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、テレンス・スタンプ、ローレンス・レリッツ、スティーヴ・ソーレソン、フローレンス・カストリナー、フィリス・マクブライド
フィリップ・K・ディックの短編小説をマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”によって管理されていることを知ってしまった主人公が、その得体の知れない巨大な力に反撃していくさまを描く。共演はエミリー・ブラント。監督は本作が初メガフォンとなるジョージ・ノルフィ。若手政治家のデヴィッドはある日、美しい女性、エリースと出会い心惹かれる。しかし、彼女との仲が深まり始めた矢先、謎の男たちに拉致されてしまう。彼らは“アジャストメント・ビューロー”のエージェントで、人間たちがあらかじめ決められた運命から逸脱しないよう、超人的な能力で監視・調整を行っていたのだが…。(TSUTAYA DISCAS)







予告編で観る程、サスペンス性はありません。
単なる、恋愛映画かと。

いろんな困難を乗り越えて、2人の愛は成就する。

その困難の設定。
アジャストメント。
運命調整局。

まぁ、面白いといっちゃあ、面白いけど。
あまりにも漫画チック過ぎないか?

調整員。
彼らは何者なのか。
人間?
では無さそうです。

あえて、人間が人間の運命を調整しているとしたら。
その方が、面白味と恐怖感が、味わえたのではないかな。

主人公は、若き政治家。
将来、大統領にもなれる運命らしいが。
その辺りのお話も、途中で消えてしまった感じで、なんだか消化不良気味。
大統領にはなれたのかな。

運命調整。
2人の恋愛。
大統領へのサクセスストーリー。

この3本のストーリーが絡み合えば、さらに面白かったかな。

いずれにせよ、SFサスペンスとして期待するよりも、ラブストーリーとして観た方が、正解かも。







2012-06-22
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

LINKIN PARK / LIVING THINGS [├Alternative Rock]


2012年6月20日
1. LOST IN THE ECHO
2. IN MY REMAINS
3. BURN IT DOWN
4. LIES GREED MISERY
5. I'LL BE GONE
6. CASTLE OF GLASS
7. VICTIMIZED
8. ROADS UNTRAVELED
9. SKIN TO BONE
10. UNTIL IT BREAKS
11. TINFOIL
12. POWERLESS
これが新たなハイブリッド・セオリー! 進化したサウンドで、自らの原点とも言えるラウドなミクスチャー・ロックを再構築した、リンキン・パークの新たなるマスターピース(Amazon.co.jp)












2012-06-20
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

福原美穂 / The Best of Soul Extreme [├J-POP]


2012年6月13日
1. O2 feat.AI
2. Get Up! feat.AKIKO WADA
3. Open Eyes
4. Dream On feat.三浦大知
5. STARLIGHT
6. Regrets of Love
7. DON’T TAKE IT AWAY
8. Kiss! Kiss! Kiss! feat.Chara
9. Cinnamon Dreams
10. You
11. Save Me feat.レオナ・ルイス
12. Black Star
13. You Are My Reason feat.AI
2年ぶりのオリジナルアルバムは、ソウルシンガー・福原美穂の「究極のソウル」集大成! ルーツであるソウル・ミュージックをベースに、最高級のコラボレーション曲を中心に数々の名曲が誕生しました。この作品でしか聴けない豪華なコラボレーションのラインナップに驚愕です。「ワールドスタンダード」をキーワードに、日本のみならず世界中の音楽ファンに愛される楽曲群を携え、新たなステージに向かいます。






















The Best of Soul Extreme【CD】


The Best of Soul Extreme(初回生産限定盤)【CD+DVD】






2012-06-14
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ツリー・オブ・ライフ [├Dorama]


製作年:2011年
製作国:アメリカ
原題:THE TREE OF LIFE
ジャンル:洋画 > ドラマ
監督:テレンス・マリック
製作:サラ・グリーン、ビル・ポーラッド、ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、グランド・ヒル
製作総指揮:ドナルド・ローゼンフェルド
脚本:テレンス・マリック
撮影:エマニュエル・ルベツキ
出演:ショーン・ペン、ブラッド・ピット、ジェシカ・チャスティン、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン、アイリーン・ベダード、ウィル・ウォレス、フィオナ・ショウ
映画賞:2011年 LA批評家協会賞
【助演女優賞】 ジェシカ・チャステイン 【監督賞】 テレンス・マリック 【撮影賞】 エマニュエル・ルベツキ


「天国の日々」「ニュー・ワールド」の名匠テレンス・マリック監督が、1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を、圧倒的なヴィジュアルと共に、壮大かつ根源的な視点から描き出すヒューマン・ドラマ。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン。2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた。成功した実業家ジャック・オブライエンは人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。1950年代半ばのテキサスの小さな町に暮らすオブライエン一家。厳格な父に厳しく躾けられ、優しい母親の愛に包まれるジャック。そんな両親の狭間で葛藤を抱えながらも、2人の弟との楽しい時を過ごすジャックだったが…。(TSUTAYA DISCAS)








はっきり言って、非常に難解な映画です。

ショーン・ペンとブラッド・ピットということで、必然的に、期待度は高まりますが、観客の評価は両極端。

この映画の何をもって、良い映画、詰らない映画、と評価するのか。

下手をすると、ストーリーすら、理解できないかもしれない。

映画を観ての感想は、人それぞれでいいと思う。

ジャック(ショーン・ペン)の回顧録的なお話だと思うのですが。

ジャックの少年時代を見て、自分の少年時代を思い出し。
自分とジャックを比較してみたり。
人の親となった人ならば、ジャックの両親と自分の子育てを比較してみたり。

過去の自分をかえりみたり、これからの子育て人生の、ちょっとした道しるべなんかになるのではないでしょうか。

親は子に期待するものです。
自分の犯した失敗は、子供たちにはさせたくない。

だけど、過度の期待は、子供の負担と成り得るであろう。

その、丁度良い頃合とは?

子育ての、永遠のテーマかもしれない。






2012-06-14
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

はやぶさ [├ドラマ]






JAXA全面協力!
7年間、60億キロ――
日本中に勇気をくれたはやぶさとそれを支えた人々を描く感動の物語

<キャスト&スタッフ>
水沢 恵…竹内結子
的場泰弘…西田敏行
坂上健一…高嶋政宏
川渕幸一…佐野史郎
田嶋 学…山本耕史
喜多 修…鶴見辰吾

監督:堤 幸彦
脚本:白崎博史/井上 潔
主題歌:fumika「たいせつな光」(Ariola Japan)
ノベライズ:「はやぶさ/HAYABUSA」(角川文庫、角川つばさ文庫)
参考書籍:「はやぶさ君の冒険日誌」(毎日新聞社)
製作総指揮:フォックス・インターナショナル・プロダクションズ
企画/製作プロダクション:アグン・インク
協力:JAXA 宇宙航空研究開発機構 Japan Aerospace Exploration Agency
製作:20世紀フォックス映画/20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン/角川書店/アグン・インク/ソニー・ミュージックエンタテインメント/電通/オフィスクレッシェンド/毎日新聞社
(C)2011「はやぶさ/HAYABUSA」フィルムパートナーズ

<ストーリー>
古本屋でアルバイトをしている水沢 恵のもとに、一本の電話がかかってくる。その声の主は宇宙科学研究所(現:JAXA 宇宙航空研究開発機構)の的場だった……2010年6月13日。小惑星〈イトカワ〉調査を目的に、2003年5月に日本から打ち上げられた小惑星探査機はやぶさが地球に帰還した。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るというミッションは、NASAでさえ成し得なかった人類初の快挙だった。7年間、60億キロにも及ぶ旅は、絶体絶命のピンチの連続。大きなプレッシャーと次々と降りかかるトラブルに、メンバーたちはどのように立ち向かっていったのか……。

<ポイント>
・世界に誇るはやぶさの誕生から帰還までを語る真実の物語
・俳優陣の完全コピーぶりはJAXAスタッフのお墨付き、まさしく実話
・充実のオーディオ・コメンタリー
―はやぶさ関係者が映画本編だけではなく、オーディオ・コメンタリーにも協力。映画の裏側から実際のミッションの様子まで、より映画を楽しめる充実の内容(Amazon.co.jp)








とても感動的だった。
この映画が、と言うよりも、このプロジェクトに感動した。
このような偉業に関わった人たちが、うらやましい。
一生涯、誇れる仕事である。
もしGHBが、このプロジェクトに参加していたなら、大気圏突入の瞬間。
ただただ、涙を流すこと以外、出来ることは無かっただろう。
これだけ壮大な旅をした「はやぶさ」。
最後に、これでもか、というくらいに光り輝き、燃え尽きて消滅してしまうはかなさも、人々の心を動かしたのであろう。














2012-04-19
タグ:はやぶさ
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

鶴 / 我がまま [├ロック]


2012年4月18日
1. 愛の言葉
2. スピーカー
3. 夜を越えて
4. どこまでも青空
5. 夜に太陽
6. 点と線
7. 歪
8. あなたへ
9. ジパング
10. バイバイじゃあね
11. 糸
12. 手のなる方へ

2012年の春に、トレードマークの「アフロヘア」を卒業する鶴。装い新たに新生`鶴`として世に放つ、記念碑的作品とも言える約1年9か月振り(2012年時)のサード・フル・アルバム。これまでの鶴とは似て非なる、ロック・バンドとしての新境地へ、ヴィジュアル含めサウンド面でアプローチした飛躍の1枚。


03年、埼玉県鶴ヶ島市の「鶴ヶ島西中学」の同級生だった秋野温(Vo/G)神田雄一朗(B)笠井快樹(Dr)の3人で結成。
同年春から下北沢や新宿でライヴを展開し、アフロとキモシャツ(鶴が命名)の70sファッションを代名詞にお客さんを巻き込んで展開するライヴパフォーマンスで話題を呼び、あっという間に人気者に。

04年8月、1stアルバム『素敵CD』をリリース。新宿JAMでのレコ発を成功させ、その日を皮切りに関東関西中心に26本の初のツアーを展開。05年にはトータル100本近くのライヴを決行し、その人気はじわじわと拡大していく。
06年、待望の2ndアルバム『浪漫CD』をリリース。渋谷タワーレコード3位獲得を筆頭に各地のインディーズチャートでも急上昇する。年末には、毎年恒例のROCKIN'ON主催イベント「COUNT DOWN JAPAN 06-07」に出演。この勢いにのって、08年夏フェス「ROCK IN JAPAN」、2年連続で「COUNT DOWN JAPAN 07-08」に出演を果たした。

08年、自主レーベルafrock recordsからワーナーミュージックジャパンへの移籍を発表。シングル「恋のゴング」でメジャーデビュー。続く2ndシングル「夏の魔物」を引っ提げたツアーのファイナルとして初の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンを決行。チケットSOLDOUTの超満員で大成功を収めた。(amazon.co.jp)




ロックバンドらしからぬバンド名の鶴。
3人は中学の同級生で、埼玉県鶴ヶ島市の出身。
だから、鶴。
そして、特徴的なのが、3人のヘアースタイルは、ともにアフロ。
とても強烈な個性を引き出しています。


なぜ、GHBが鶴の紹介を?

それは、メンバーのお父さんが、GHBの会社の取引先の人だから。
その人はとても律儀な人で、お団子やらお菓子やら、かなりの頻度で差し入れて下さいます。
いろいろお話を伺ううちに、息子さんがミュージシャンであることを耳に。
夏フェス等、息子さんの出演するライブには、参加するというお父さん。
見た目、普通のオジサンですが、かなりアクティブなお父さんです。

GHBもノーマークだった鶴。
3人組というシンプルな編成で、ストレートでスピード感あふれ、力強いサウンド。
詩の内容は、心にガンガン突き刺さってくる。


鶴 official website














タグ: 我がまま
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
imgicb (1).jpg