So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg

ホビット 決戦のゆくえ [├SF]


製作年:2014年
製作国:アメリカ/ニュージーランド
原題:THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIE
ジャンル:洋画 > SF
監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン

壮絶なる戦い、ここに決着。
「ホビット」3部作、感動のラストへー

世界を真っ二つにする最大の決戦。壮大な冒険が今、感動のラストを迎える!
ホビット族のビルボは竜に奪われたドワーフの国と財宝を取り戻すべく冒険の旅に出た。
旅の仲間は13人のドワーフと、魔法使いのガンダルフ。やがて、森のエルフたちも加勢して、いよいよ竜と対峙する。
火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄る
さらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!
押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。
大地を二分する壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる!








壮大なスケールで綴るホビット3部作の最終章。


竜に奪われたドワーフの財宝。
その竜は倒された。
財宝は、ドワーフの元へ。

しかし、竜により封印状態だった財宝が、竜の死により半ば解放された状態。

つまり、誰もが財宝を欲しがる。
多くの種族が財宝を欲し、力で奪おうと企てる。

さらに、そのすべてを奪おうとするのが、サウロン。


その戦いの先にあるものは。。。。。



最も平和的な種族、ホビット。
ビルボは友情を貫き、それが平和への第一歩となり、世界を変える。

戦いで多くの命が失われた。
それは、単なる命の終わりではなく、明るい未来へ託すこと。

思いは引き継がれる。


そして、物語は「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く。








assocbutt_or_buy._V371070157_.png


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

MIYAVI / The Others [├ロック]


1. CRUEL
2. INTO THE RED
3. COME ALIVE
4. ALIEN GIRL
5. LET GO (2015 VER.)
6. ODYSSEY
7. ALL THE WAY
8. UNITE (FEAT.ROB HARVEY)
9. THE OTHERS
10. CALLING
11. SHANGRI-LA

MIYAVI、約2年ぶりとなるニュー・アルバムは、魂を撃ち抜くギターリフが冴えわたる11連射。

グラミー受賞チーム、ドリュー&シャノン(インディア・アリー/ジョン・レジェンド/ロバート・ランドルフなどで著名)をプロデューサーに迎え、
さらに、相棒であるドラムのBOBOと共に、2014年秋から、2015年にかけ、愛器をテレキャスターに持ち替え、全編ナッシュビルとLAで制作を挑んだ意欲作。
アルバムには、著名俳優・女優・人気ミュージシャンをゲストに迎える全米大人気番組「エレン・ショウ」に先月出演した際にパフォーマンスし、
既に先行配信されている「Let Go」がさらに、アップデートされたダイナミックな「Let Go (2015 Ver.)」として収録される他、
タイトル・トラック「The Others」に代表される壮大な強いメッセージが込められた強烈なギターリフが心を撃ち抜く全11曲を収録。

この2年の間に、アンジェリーナ・ジョリー監督ハリウッド映画の撮影、ハリウッドデビュー、LAへ拠点を構えるなど、目まぐるしく環境が変わり、其処へ身を投じたMIYAVIが数奇で貴重な体験・体感した全ての気迫を封じ込めた作品は、「ギター」によりフォーカスし、身体だけなく、本能的に心まで躍らせるギター・ロック・ダンス・ミュージックの新機軸とも言える内容となっており、MIYAVIの最大の魅力であるライヴ・パフォーマンスを体感出来得る迫力が共存している。
アルバムには、2011年FUJI ROCK FESTIVALで来日した際、互いにシンパシーを感じ、交友を深めたRob Harvey(元・The Music)との共作でヴォーカルとしてフィーチャーした「Unite」や、本作唯一のカバー曲となる電気グルーヴの「シャングリラ」など、話題必須の内容となっている。









assocbutt_or_buy._V371070157_.png

タグ:miyavi The Others
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グラン・トリノ [├Dorama]


製作年:2008年
製作国:アメリカ
原題:GRAN TORINO
ジャンル:洋画 > ドラマ
監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、ロバート・ローレンツ、ビル・ガーバー
製作総指揮:ジェネット・カーン、ブルース・バーマン、ティム・ムーア
脚本:ニック・シェンク
撮影:トム・スターン
音楽:カイル イーストウッド、マイケル・スティーヴンス
出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、ドリーマ・ウォーカー、コリー・ハードリクト
「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていくさまをユーモアを織り交ぜつつ綴る。長年勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。ある日、彼が大切にする庭で、隣に住むモン族の気弱な少年タオが不良少年グループに絡まれていた。彼らを追い払おうとして、結果的にタオを助けることになったコワルスキーは、これを機にタオの家族から何かとお節介を焼かれるハメになるが…。







衝撃のクライマックス。

一言で表すならば、こうなるのかな。



妻に先立たれ、息子家族とも交流を持たず、愛犬と暮らす老人。
ただの偏屈傲慢老人の物語だと思いながら観賞。

アジア系移民の隣人と出逢うことで、彼(老人)の心は変化してゆく。

隣に住む少年、タオ。
そしてその姉。
付きまとう不良グループ。

不良グループのお陰で、自分の人生を思うように歩めないタオ。

不良グループは行動はエスカレートし。
タオの家は銃撃され、姉は暴行され。

それを許せない老人は立ち上がる。

自分の過去を清算し、すべてを投げ捨てて。


そして、ラストシーン。


誰もが想像すらしなかった結末。


感動的でもあり、また、深い悲しみを感じる。




現代社会における家族のあり方とか。
いまだに世界のどこかで起きている戦争とか。

いろんな事柄が絡み合い、見る者に問題を投げかけて来る。




名作です。



assocbutt_or_buy._V371070157_.png

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

浜崎あゆみ / A ONE [├J-POP]




1. a Bell
2. WARNING
3. NO FUTURE
4. Anything for You
5. Last minute
6. Zutto...
7. Out of control
8. Story
9. The GIFT
10. The Show Must Go On
11. Walk
12. Movin’ on without you
浜崎あゆみの通算16枚目となるオリジナル・アルバム。バラード三部作シングル「Zutto…」「Last minute」「Walk」をはじめ、これまで浜崎あゆみとともに数々のヒット曲を生み出してきた国内作曲家陣が多数参加した書き下ろし楽曲を収録。デビュー17周年記念日(2015年4月8日)に贈る、王道J-POPアルバム!














assocbutt_or_buy._V371070157_.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ノア 約束の舟 [├Dorama]


製作年:2014年
製作国:アメリカ
原題:NOAH
ジャンル:洋画 > ドラマ
監督:ダーレン・アロノフスキー
製作:スコット・フランクリン、ダーレン・アロノフスキー、メアリー・ペアレント、アーノン・ミルチャン
製作総指揮:アリ・ハンデル、クリス・ブリガム
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:クリント・マンセル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース、ケヴィン・デュランド、マートン・ソーカス
ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ主演によるスペクタクル巨編。大洪水によって人間を滅ぼし新たな世界を創り出すという神のお告げを背負ったノアが、人間同士の争いや家族への愛などに苦悩しながら課せられた使命に殉じる姿を描く。








まず、旧約聖書については、何も知らないGHBです。
何の前情報も無し、ってこと。

テレビCM等で、話題が盛り上がり。
エマ・ワトソンが出ているってことで、観賞してみた。


なんだかよくわからない内容でした。


どうも、旧約聖書の内容とも、違っているようなのですが。
その辺りも、チンプンカンプン。

神のお告げに沿って生きて来たノア。
しかし、そのお告げを破る事に。

そこが最高に盛り上がるシーン。(と思われる。)

しかし、感動はなく、心に響くものもなく。

なぜ、ノアは神のお告げにそむいたのか。
その理由も、理解しがたい。

ただ単に、自分自身と家族を守るために、多くの犠牲者を出しただけ?


期待とは裏腹。
話題先行だけ、な感じでした。









 assocbutt_or_buy._V371070157_.png 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
imgicb (1).jpg