So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg
├Hard Rock ブログトップ
前の10件 | -

Alter Bridge / The Last Hero [├Hard Rock]


これが真のアリーナ級のハード・ロックだ!
いま世界を最も熱狂させるハード・ロック・バンドのひとつ、アルター・ブリッジ!
感動的なまでの完成度を誇る、3年振りの通算5作目をドロップ! !

●日本盤のみボーナス・トラック2曲収録 ●解説・歌詞・対訳付

わずか4枚のアルバムだけで全米2,500万枚/全世界3,500万枚の驚異的トータル・セールスを誇り、2001年にはグラミー賞ベスト・ロック・ソングを受賞したロック・バンド、CREED。そのヴォーカル以外のメンバーが、超実力派シンガーのマイルス・ケネディを迎え2004年に結成したモンスター・USロック・バンドALTER BRIDGEが、日本では、ビクター移籍第1弾となる通算5作目のアルバム「THE LAST HERO」をリリースする。

■所属レーベルを移籍し、心機一転挑む意欲作
本作は、母国アメリカではここ2作と変わらずCaroline Recordsの中のバンド自身のレーベルAlter Bridge Recordingsからのリリースだが、それ以外のテリトリーはRoadrunner Recordsを離れ、新たにオーストリアのNapalm Recordsと契約。
マーク・トレモンティ(g)曰く、「4th『FORTRESS』と2nd『BLACKBIRD』の中間のようなサウンドだ。前作はヘヴィな面が強かったが、今作は新しい要素を盛り込み、さまざまなスタイルを持っているんだ」。

■ALTER BRIDGEサウンドを知り尽くした男がプロデュース
プロデューサーは、ALTER BRIDGEの2ndアルバム「BLACKBIRD」(2007年発表)以降の全作品を手掛けてきて、世界で最も彼らのサウンドを熟知している名手、マイケル・“エルヴィス"・バスケット。SLASH FEATURING MYLES KENNEDY & THE CONSPIRATORSの「WORLD ON FIRE」(2014年発表)や、TRIVIUMの「SILENCE IN THE SNOW」(2015年発表)など、数々の話題作も担当してきた。

■新作を携えてのアリーナ・ツアー
新作リリース後の2016年11月からは、デンマークのVOLBEATという、こちらもALTER BRIDGEに負けず劣らず世界を席巻するロック・バンドや、フランスで最も有名なメタル・バンドGOJIRAをサポートに、欧州ツアーを行なう。中でも英国公演は、2万人収容の『O2 Arena』や1万人収容の『Motorpoint Arena』など、大規模なアリーナで実施されることもあり、サポートのバンドの豪華さも手伝い、今から大きな注目を集めている。

■ロック界の大物たちに引っ張りだこ
マイルス・ケネディは、GUNS N' ROSESのスラッシュ(g)にその実力を買われ、彼のプロジェクトSLASH FEATURING MYLES KENNEDY & THE CONSPIRATORSにフロントマンとして参加し、アルバム制作や来日公演を含むツアーで活躍。ALTER BRIDGE結成以前には、スラッシュも参加していたVELVET REVOLVERのスコット・ウェイランド(vo)の後任オーディションを受けるよう依頼されたりもした。さらに、07年に再結成ライヴを行なったLED ZEPPELINが、その後の活動継続に難色を示したロバート・プラント(vo)の代役としてマイルスに白羽の矢を立てた、という噂もあったほど。











assocbutt_or_buy._V371070157_.png342939-pcpict.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Journey / Escape [├Hard Rock]


1981年7月31日
1. Don't Stop Believin'
2. Stone In Love
3. Who's Crying Now
4. Keep On Runnin'
5. Still They Ride
6. Escape
7. Lay It Down
8. Dead Or Alive
9. Mother, Father
10. Open Arms
なじみやすいヴォーカル主体のハードロックが広く受け入れられ、すでにその地位を確立していたジャーニー。キーボード&ギターのグレッグ・ローリーが脱退し、ジョナサン・ケインが加入しての81年リリースの作品である。本作は、初の全米ナンバー1を獲得し、メモリアルな1枚となった。
第一線のロックバンドとして、その頂点を極めた作品からは、マライア・キャリーがアルバム『デイドリーム』のなかで取り上げたOpen Armsをはじめ、トータル4枚ものヒットシングルを生んだ。


















2011-11-19
タグ:Journey
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Night Ranger / Midnight Madnes [├Hard Rock]


1983年10月
曲目リスト
1. (You Can Still) Rock In America
2. Rumours In The Air
3. Why Does Love Have To Change
4. Sister Christian
5. Touch Of Madness
6. Passion Play
7. When You Close Your Eyes
8. Chippin' Away
9. Let Him Run
ツイン・ギター・ファンにはたまらないナイト・レンジャーの83年発表2nd。セールス的にも大成功(全米ダブル・プラチナ)を収めた作品。名バラード「シスター・クリスチャン」収録。



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bon Jovi / 夜明けのランナウェイ [├Hard Rock]


1984年5月21日
1. Runaway
2. Roulette
3. She Don't Know Me
4. Shot Through The Heart
5. Love Lies
6. Breakout
7. Burning For Love
8. Come Back
9. Get Ready
ポップなハードロックを象徴する存在として君臨する、ボン・ジョヴィが1984年に発表したデビューアルバム。哀愁のメロディを聴かせるタイトル曲は、日本でいち早く大ヒットとなった。













タグ:Bon Jovi
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DEF LEPPARD / Pyromania [├Hard Rock]


1983年1月20日

1. Rock Rock (Till You Drop)
2. Photograph
3. Stagefright
4. Too Late For Love
5. Die Hard The Hunter
6. Foolin'
7. Rock Of Ages
8. Comin' Under Fire
9. Action! Not Words
10. Billy's Got A Gun

イギリスのグループ、デフ・レパードが、3作目にして世界的なハードロック・バンドに大躍進を果たした。このアルバムがリリースされた83年は、折よく世界中でHR/HMブームがまき起こっていた時期だ。彼らの特徴である、軽やかなタッチながらシャープでコシのあるサウンドが、タイミングよくミュージックシーンの流れに乗ったのだ。
どの曲がシングルカットされてもおかしくない完成度の高さ、テンポよく流れるアルバムの構成もいうことなし。80年代を代表するアルバムの1枚として聴いてほしい作品だ。







現在も活動を続ける、イギリスのHARD ROCK BAND。
GHBが考える、このバンドの代表作。

炎のターゲットとは、その邦題。

このアルバムの発表後、ドラマーが事故で片腕を切断。
致命的かと思われたが、ドラマーを続けた。

この後に紹介する映像で、ゴールドのレスポールを弾いているギタリストは、たぶん、薬物中毒で死亡。

災難の多いバンドだが、現在も活動中とのこと。



















20090804
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Night Ranger / Dawn Patrol [├Hard Rock]



1982年11月
1. Don't Tell Me You Love Me
2. Sing Me Away
3. At Night She Sleeps
4. Call My Name
5. Eddie's Comin' Out Tonight
6. Can't Find Me A Thrill
7. Young Girl In Love
8. Play Rough
9. Penny
10. Night Ranger














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Thin Lizzy - THUNDER AND LIGHTNING [├Hard Rock]




曲目リスト
1. Thunder and Lightning
2. This Is the One
3. Sun Goes Down
4. Holy War
5. Cold Sweat
6. Someday She Is Going to Hit Back
7. Baby Please Don't Go
8. Bad Habits
9. Heart Attack

Philip Lynott - Bass, Vocals
Brian Downey - Drums
Scott Gorham - Guitars
John Sykes - Guitars
Darren Wharton - Keyboards




オリジナルは1983年発売。
当時、高校生だったGHB。
ギター雑誌で、このアルバムの発売を知り、購入。
アナログ盤、つまり、LPレコードでした。
Thin Lizzyの歴史は古く、数々のメンバーチェンジを繰り返し、このアルバムが最後のスタジオ録音アルバムとなり、解散。
Thin Lizzyの歴史の中で、最もヘビーでハードな作品となった。(らしい)
実はGHB、これ以外の作品を知らないのです。
その立役者となったのが、新加入となった、ギターのJohn Sykes。
彼の加入によって、ハードな作品が出来上がった。
カセットテープに録音し、毎日のように聴いていた。
レスポールによるツインギタースタイル
それがかっこよくて、レスポールが大好きになった。
John Sykesに影響されて、彼も持っている、白のレスポールカスタムを購入した。(GHBが弾いてるギターね。)
月日が流れ、気が付けば、このアルバムは行方不明に。
どうして無くしたのか、記憶にない。
そして最近、CDを入手した、というわけです。
何十年ぶりかに聴いたサウンドは、今でも、熱くなります。












2010-03-09
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Winger [├Hard Rock]


Winger「Winger」1988年

1. Madalaine
2. Hungry
3. Seventeen
4. Without The Night
5. Purple Haze
6. State Of Emergency
7. Time To Surrender
8. Poison Angel
9. Hangin On
10. Headed For A Heartbreak

ウィンガー、デビューアルバム!
’87年、元アリスクーパー・バンドのキップ・ウィンガー(ヴォーカル、ベース)とポール・テイラー(キーボード&ギター)を中心に、スタジオ・ミュージシャンであったレブ・ビーチ(ギター)、元ディキシー・ドレッグスのロッド・モーゲンスタイン(ドラムス)という4人編成で結成。
それぞれ既にキャリアのあるミュージシャンの合体により、既にデビュー盤でみせるアレンジ力はさすがである。
ヒット曲「マッドレイン」「セヴンティーン」「ハートブレイク」を収録。(1988年作品) (amazon.co.jp)






なかなか良いバンドです。
実力派そろい?
現在も活動中みたいで、今年、アルバムを出しているようです。
レビューを読むと、良さそうなことが書いてあります。
チェックです。










ウィンガー (ワーナー・ハード・ロック1500)【CD】
Winger 【CD】
Winger 【MP3】



20091218
タグ:Winger
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Alter Bridge / Fortress [├Hard Rock]



1. Cry of Achilles
2. Addicted to Pain
3. Bleed it Dry
4. Lover
5. The Uninvited
6. Peace is Broken
7. Calm the Fire
8. Waters Rising
9. Farther than the Sun
10. Cry a River
11. All Ends Well
12. Fortress












Fortress 【CD,import】
フォートレス 【CD】
Fortress 【MP3】






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ├Hard Rock ブログトップ
imgicb (1).jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。