So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg

マダガスカル3 [├Anime]


製作年:2012年
製作国:アメリカ
原題:MADAGASCAR 3: EUROPE'S MOST WANTED
ジャンル:アニメ > キッズビデオ
監督:エリック・ダーネル 、 コンラッド・ヴァーノン 、 トム・マクグラス
製作:ミレーユ・ソリア、マーク・スウィフト
脚本:エリック・ダーネル
音楽:ハンス・ジマー、ハンス・ジマー
出演:ベン・スティラー、クリス・ロック、デヴィッド・シュワイマー、サシャ・バロン・コーエン
日本語吹替
アレックス…玉木 宏
マーティ…柳沢慎吾
グロリア…高島礼子
メルマン…岡田義徳
キング・ジュリアン…小木博明/おぎやはぎ
モーリス…矢作 兼/おぎやはぎ
ニューヨークの動物園を抜け出した都会育ちの4頭の動物たちが、行く先々で大騒動を巻き起こす大ヒット・アニメ・シリーズの第3弾。今度はヨーロッパを舞台に繰り広げるドタバタ大冒険の行方を迫力の3D映像で描く。ニューヨークの動物園を飛び出し、マダガスカル島、そしてアフリカ大陸で大自然の厳しさを痛感したアレックス、マーティ、メルマン、グロリアの仲良し4人組。住み慣れたニューヨークへ戻るためにペンギンズを頼ろうと、彼らを追ってモンテカルロのカジノへ。ところがそこで騒ぎを起こしてしまい、指名手配を受けて、非情な敏腕女警部デュボアに追われるハメに。窮地に陥った一行は時代遅れのおんぼろサーカス一座に紛れ込み、デュボア警部の追跡をかわすのだが…。








ニューヨークの動物園を抜け出したアレックスとその仲間たち。
一作目では、マダガスカル送りにされてしまい。
二作目では、アフリカ大陸、生まれ故郷に行ってしまう。
そして今回は、ヨーロッパ。

売れないサーカス団に紛れ込み、そのサーカス団が大成功し、ニューヨーク公演が実現。

遂にニューヨークへと帰って来るアレックスたち。
どれだけ待ち焦がれた、住み慣れた動物園。

だが、この大旅行で、彼らは見つけてしまった。

生きるということの本当の意味を。

この映画は、そういうことを訴えかけているんじゃないかな。
映画を観た子どもたちが、何かを感じてくれたらいいな。

ストーリーもわかりやすく、スピード感あり、キラキラ感あり。
子どもだけじゃない、大人だって充分楽しめる映画。

あり得ない物語だけど、映画ならではの出来る技。

映画は面白くなければ。
映画は、エンターテイメント。













2013-01-08
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

長ぐつをはいたネコ [├Anime]


製作年:2011年
製作国:アメリカ
原題:PUSS IN BOOTS
ジャンル:アニメ > キッズビデオ
監督:クリス・ミラー
製作総指揮:アンドリュー・アダムソン、ギレルモ・デル・トロ
脚本:トム・ウィーラー
音楽:ヘンリー・ジャックマン
【声の出演(日本語吹替)】
プス…………アントニオ・バンデラス (竹中直人)
ハンプティ・ダンプティ…ザック・ガリフィアナキス (勝俣州和)
キティ………サルマ・ハエック (本田貴子)
無実の罪で街を追われた、長ぐつをはいたネコことプスは、兄弟分のハンプティ・ダンプティと久しぶりに再会する。ハンプティはキレ者のメス猫キティを仲間に加え、<永遠に富をもたらす>という伝説の金の卵を探しあてようともちかける。そうすれば、再び街の人々の信頼を取り戻し、捨て猫だったプスを育ててくれた母イメルダにも逢いに行けると。プスは母への想いを胸に、ハンプティ・ダンプティとの友情にかけて大冒険へと旅立つ。悪の手から奪い取った魔法の豆に導かれ、一行がたどり着いた先は、なんと天上の楽園!そこには想像を超える冒険と罠が待ち受けたいた!









シュレックシリーズが(大人的には)結構面白かったが、この映画は、子供たちの目にはどう映ったのだろうか。

友情のお話だとは思うのだが、裏切りや、ドンデン返しが多く、物語の本質を見失ってしまわないだろうか。
子供用のアニメ映画のように感じるが、真のターゲットは、大人なのでは?

シュレックでもそうだったが、登場するキャラクターの心情は、オトナチックなもの。

果たして、子供たちに理解できるのであろうか。
ある意味、子供たちには、過激過ぎでは?

アメリカ映画なので、アメリカの子供たちはマセテいるんだよ、そう言われたら返す言葉も無いですが、まだまだ日本の文化には合ってはいないと感じるのは、GHBが昭和の人間だからなのか。

大人が観ても子供が観ても、充分に楽しめるアニメ映画は存在する。
そんな映画を期待していたのだが、それにはちょっと遠いような。

ということで、ちょっと辛口レビューですね。









2012-10-13
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シュレック フォーエバー [├Anime]


原題:SHREK FOREVER AFTER
ジャンルアニメ > キッズビデオ
監督:マイク・ミッチェル
製作総指揮:アンドリュー・アダムソン
脚本:ダーレン・レムケ
音楽:ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
キャスト:
 シュレック…マイク・マイヤーズ(濵田雅功)
 ドンキー…エディ・マーフィ(山寺宏一)
 フィオナ…キャメロン・ディアス(藤原紀香
 長ぐつをはいたネコ…アントニオ・バンデラス(竹中直人)
 ランプルスティルスキン…ウォルト・ドーン(劇団ひとり)
 ハロルド国王…ジョン・クリース(青野 武)
 リリアン王妃…ジュリー・アンドリュース(沢田敏子)
 ドリス…ラリー・キング(ジョン・カビラ)
 オオカミ…アーロン・ワーナー(内海賢二)
 メイベル…レジス・フィルビン(玄田哲章)
 ピノキオ…コディ・キャメロン(飛田展男)
 クッキーマン…クレイグ・ロビンソン(優希比呂)
最愛の妻フィオナと3人の子どもたちに囲まれて幸せに暮らすシュレック。しかし、昔の自由気ままな生活が懐かしくなったシュレックは、ペテン使の魔法使いの甘い誘いにつられてしまい……。人気ファンタジック・アドヴェンチャーのシリーズ完結編。(TSUTAYA DISCAS)







家庭を持ち、子供も生まれ、幸せな毎日を暮らしていた怪物シュレック。
朝起きて、フィオナがいて、子供たちがいて、仲間がいて。
平凡な幸せの毎日が続く。

幸せって何?
毎日自由に。
好きなときに好きなことを。
誰かのお許しなんて必要もない、自分のためだけの時間。
そんな昔が恋しくなる。

世のお父さん方。
いかがでしょうか?
シュレックの気持ちが、痛いほど理解できませんか。

そんなところから、今回の物語は始まります。

子供向けの映画だけど、大人だって充分に楽しめる。
お父さんの気持ちを代弁してくれているような映画。

これを観終わったとき。
お父さんの気持ちが、ほんの少しでもまぎれる感じがしたら、それでOKでしょ。

お子様たちとご一緒にどうぞ。






2011-05-24
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トイ・ストーリー3 [├Anime]



監督: リー・アンクリッチ
製作総指揮: ジョン・ラセター
脚本: マイケル・アーント ジョン・ラセター アンドリュー・スタントン リー・アンクリッチ
撮影:
音楽: ランディ・ニューマン
出演: トム・ハンクス ティム・アレン ジョーン・キューザック ネット・ビーティ ドン・リックルズ
日本語吹替版: 唐沢寿明 所ジョージ 日下由美 勝部演之

ディズニー/ピクサーが贈る人気ファミリー・アドベンチャーアニメのシリーズ第3弾。すっかり成長しておもちゃを卒業したご主人アンディの手を離れ、新たな居場所を見つけたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆を描く。ウッディやバズたちのご主人アンディも高校を卒業し、大学進学のため遠い街へと引っ越すことに。ところが、ふとした手違いからアンディに捨てられてしまったと誤解したバズたちは、ウッディの説得もむなしく新たな遊び相手を求めて託児施設行きを決断する。しかしそこは、おもちゃたちにとっては悪夢のような場所だった。ひとり難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。(TSUTAYA DISCAS)







11月3日、レンタル開始。
特に期待もせず、子供たち用に、ってことでレンタル。
素晴らしい出来でした。
シリーズ3作目にもなると、もうたくさん!
的なニュアンスになりそうですが、これはイイ!
単純に、子供向けとして捉えても、大人が観ても、充分楽しめる。
ストーリーが単純で、ハラハラドキドキの連発。
そして、友達とは?仲間とは?
とても大切なことを教えてもらえます。
もうダメだ、終わりだ、と思ったとき。
穏やかに、心静かに、その瞬間を受け入れられるだろうか。
仲間がいれば、愛する人がいれば・・・
家族って、素晴らしい。
あらためて、そう思える作品です。





トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
トイ・ストーリー3 (期間限定) [DVD]







2010-11-09
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アナと雪の女王 [├Anime]



「美女と野獣」のディズニーが贈る
史上空前のドラマティック・ミュージカル、開幕!

『アナと雪の女王』―――― それは、運命を引き裂かれた姉妹を主人公に、凍った心を溶かす“真実の愛”を描いた感動のドラマティック・ミュージカル。
創立90周年を迎えたディズニーが、アンデルセンの傑作「雪の女王」にインスピレーションを得て、いまを生きる女性たちに向けたまったく新しい物語を作り出した。それは90年という歴史に紐付いた伝統と、革命的な新しさを兼ね備えた、金字塔と呼ぶに相応しい映画と言える。
魅力的なふたりのヒロイン、息をのむほど美しい雪と氷の世界、ブロードウェイの豪華キャストによる珠玉のミュージカルナンバー。映画を超えた極上の映像体験が、この春、日本を席巻する。



小さい姫の、かねてからの希望により、「アナと雪の女王」を観てきました。
DVD化されるまで、待つように説得し続けたのですが、嫁の方が根負けをしたようです。
いや、嫁が観たかったのかも。

前情報として、興行収入が凄いことになっているという、売れ売れな映画だそうです。

小さい姫は、サントラCDもすでに手にしていて、毎日、テープで言うなら擦り切れるほど聴いていました。
事前に、大きい姫は観賞済みだったので、お姉ちゃんに聞かされていて、ストーリー等の予備知識はあったようです。

やはり、劇場で観るのは、迫力が違います。
サウンドも、上下左右、前後ろと、物凄い広がりで、家庭用のDVDプレーヤー+大画面テレビでも、足元にも及びません。

画面もサウンドも大きくて、その分、感動も大きかった。
小さい姫が「泣きそうだった」と言うように、GHBも、どれだけ涙をこらえたことか。

ひとり映画なんて日には、人目をはばからず、号泣してしまったかも。

小さい姫のお陰で、美しい映像と物語に、久々に癒されました。


















nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スカイ・フォース [├Anime]



製作年:2012年
製作国:香港
原題:SKY FORCE
ジャンルアニメ>キッズビデオ
監督:トニー・タン
製作:チャーリー・ウォン
脚本:ジョー・フィオレロ

勇気と友情をテーマに描く、飛行機が主人公のアドベンチャーアニメ。空の救助隊「スカイ・フォース」のエースは、任務での失敗をきっかけに自信をなくしてしまう。職場を去り別の仕事を始めることになるが、そこでは数々の試練が待っていた。





とんだ大失態でした。
ディズニーアニメ「プレーンズ」と勘違い。

パッケージがかなりマギラワシイ。

内容も、面白いとは、言えない。

超自己中な主人公が、その超自己中な行動の為に、上司を死なせてしまう。
自信を失ったエースが、最終的には立ち直るのだが、そこに至るまでのプロセスに、なんか無理がある。
反省しているようには見えず、超自己中は治らないまま。

子ども向けアニメとしても、子どもたちは、この展開を納得して観ることができるのであろうか。

ストーリー、キャラクター、共に残念な映画です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
imgicb (1).jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。