So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg
├ドラマ ブログトップ
前の10件 | -

わが母の記 [├ドラマ]


製作年:2011年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:原田眞人
原作:井上靖
撮影:芦澤明子
出演:役所広司、樹木希林、宮崎あおい、南果歩、ミムラ、赤間麻里子、菊池亜希子、三浦貴大、真野恵里菜
昭和の文豪・井上靖の自伝的同名小説を役所広司と樹木希林の主演で映画化した家族ドラマ。子どもの頃に母に捨てられた記憶がトラウマとして残り、母とのわだかまりを抱えたままの主人公が、年老いていく母と向き合った日々を丁寧な筆致で描いていく。共演に宮崎あおい。監督は「クライマーズ・ハイ」の原田眞人。ベストセラー作家の伊上洪作は、幼少期に自分だけが両親と離れて育てられた経験を持ち、“母に捨てられた”との気持ちが拭えないまま今もなお深い心の傷となっていた。そのせいか、自分の娘たちには必要以上に干渉してしまい、反抗期の三女・琴子は洪作への反発を強めていた。一方、母・八重は父の死後、洪作の妹たちが面倒を見ていたが、次第に物忘れがひどくなっていく。








人は、異性の親を慕うという。

この主人公の洪作は、幼い頃、両親と別々に暮らした。
そのことを、自分は母親に捨てられたと、思い続けていた洪作。

母は年老い、やがて認知症に。
目の前に居る自分の息子が、誰なのかさえ分からなく。

しかし、昔のことはよく覚えていた。

その記憶の中から、洪作はあの時の真実を知らされる。

母の愛情を知り、母へのわだかまりが解け。
しかし、事実を知るには、あまりにも遅すぎた。

やはり、母は母。

GHBの両親は健在である。
もしかしたら、認知症になるかもしれない。
そういう可能性は、誰にでもある。
もし仮に、そういう状態になったとき。

全然、イメージが出来ない。
シュミレート出来ない。

親孝行は、生きているうちにしなければ。
しかし、照れというのが邪魔をする。

今後、直面するかも知れない問題。
GHBにとってこの映画は、ちょっと重たいテーマでした。







2012-11-16
タグ:わが母の記
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヒミズ [├ドラマ]


製作年:2011年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:園子温
製作:依田巽、吉岡富夫
脚本:園子温
原作:古谷実
撮影:谷川創平
音楽:原田智英
出演:染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、諏訪太朗、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、モト冬樹、二階堂ふみ、川屋せっちん、吉高由里子、窪塚洋介
「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の園子温監督が古谷実の同名コミックスを、舞台背景を東日本大震災後に設定して映画化した衝撃と感動の思春期ドラマ。愛のない両親によってどん底に突き落とされ自らの未来に絶望した15歳の少年の魂の彷徨を鮮烈に描き出す。主演は、本作の演技でみごとヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)に輝いた染谷将太と二階堂ふみ。15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑をかけずに生きる平凡な大人になること。そんな住田にクラスメイトの茶沢景子は好意を抱き、住田の実家である貸しボート屋を手伝うなど積極的にアプローチする。それを疎ましく思いながらも、少しずつ心を解きほぐしていく住田だったが…。








自分の15歳の頃って、どうだったんだろう。
これからの生き方、夢、将来のビジョン。
何も見えていなかったと思う。

親を選ぶことは出来ないし、子供も選ぶことは出来ない。
与えられた環境の中で、どう生きて行くか。
誰にも平等に夢を語る権利はあるが、誰もが平等にその夢を目指すことが出来る訳ではない。

非常に重い。
暴力シーンもある。

不快に感じる人も多いかも。
しかし、考えさせられる作品である。








2012-10-20
タグ:ヒミズ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アフロ田中 [├ドラマ]


製作年:2012年
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:松居大悟
脚本:西田征史
原作:のりつけ雅春
出演:松田翔太、佐々木希、田中圭、堤下敦、駒木根隆介、原幹恵、美波、吹越満、皆川猿時

マジで!?の累計400万部!不測の大ヒット漫画が超無謀キャストで完全映画化!

☆人気若手俳優“松田翔太"がまさかのアフロ!?そしてヒロインは日本で最も美しい“佐々木希"!
大・大・大注目の2人が送る、笑って元気になれる新世代ラブコメディ!!

☆ダメ男=田中を取り囲む共演陣にも注目!話題の人&豪華俳優が集結!!
田中の周りには人気お笑いコンビ=インパルス堤下敦、田中圭、遠藤要、駒木根隆介と、個性的なメンバーが顔を揃える!
さらに、原幹恵、美波、吹越満、皆川猿時、辺見えみり、リリー・フランキーと豪華俳優陣!ほかにもあやまんJAPAN、武田修宏、佐藤二朗など濃ゆ過ぎる面々が集結した!

☆ビッグコミックスピリッツ連載10年!累計400万部突破の大人気コミック待望の映画化!
☆本人も童貞!?若干26歳の松井大悟が商業映画初メガホンをとる!
☆主題歌を「夜を越えて」を歌うのは主人公と同じくアフロヘアーの「鶴」!!

【ストーリー】
まだ見ぬ彼女を探し求める妄想男子、間違えまくりの奮闘記。
強烈な天然パーマでこの世に産まれ落ちた田中広。24歳になった今も彼女は出来ず、日々をなんとなく過ごしていた。
そんな時、学生時代からのダメ仲間大沢、岡本、村田、井上のうち、井上が婚するとの知らせが舞い込む。驚きと共に田中が思い出した“誰かが結婚する時、それぞれの彼女を連れていこう"というモテない男ならではの悲しい約束。「やばい…、これは早急に彼女を作らねば!」
そんな田中の前に、お隣に引越してきた加藤亜矢が現れた!「あんなのどうこうできるはずないだろ!」激しくあふれ出す好意(と性欲)をおさえられない田中。
果たしてXデー(ただの友達の結婚式)までに彼女を作ることができるのか!?(Amazon.co.jp)








気が付けば、ニヤケながら観ている自分がいた。

まだ若かったあの頃の自分。
自分はどうだったかな。
思い出してみて欲しい。

かなりダブル部分があるんじゃないかな。

笑いはもちろん。
笑ったかと思えば、ポロリと涙もあり。

コッぱずかしくて「青春」なんて言えない、あの頃を懐かしむ。
そんな年齢になった人たちにもおススメできる作品。

バカらしい程のエピソードだけど、決して大げさじゃない。
きっと、みんなにも心アタリが。

音楽は、鶴ヶ島市出身の3ピースバンド、鶴が担当。
現在は違うが、3人ともアフロヘアー。
要チェックなバンドです。













2012-09-25
タグ:アフロ田中
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

はやぶさ [├ドラマ]






JAXA全面協力!
7年間、60億キロ――
日本中に勇気をくれたはやぶさとそれを支えた人々を描く感動の物語

<キャスト&スタッフ>
水沢 恵…竹内結子
的場泰弘…西田敏行
坂上健一…高嶋政宏
川渕幸一…佐野史郎
田嶋 学…山本耕史
喜多 修…鶴見辰吾

監督:堤 幸彦
脚本:白崎博史/井上 潔
主題歌:fumika「たいせつな光」(Ariola Japan)
ノベライズ:「はやぶさ/HAYABUSA」(角川文庫、角川つばさ文庫)
参考書籍:「はやぶさ君の冒険日誌」(毎日新聞社)
製作総指揮:フォックス・インターナショナル・プロダクションズ
企画/製作プロダクション:アグン・インク
協力:JAXA 宇宙航空研究開発機構 Japan Aerospace Exploration Agency
製作:20世紀フォックス映画/20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン/角川書店/アグン・インク/ソニー・ミュージックエンタテインメント/電通/オフィスクレッシェンド/毎日新聞社
(C)2011「はやぶさ/HAYABUSA」フィルムパートナーズ

<ストーリー>
古本屋でアルバイトをしている水沢 恵のもとに、一本の電話がかかってくる。その声の主は宇宙科学研究所(現:JAXA 宇宙航空研究開発機構)の的場だった……2010年6月13日。小惑星〈イトカワ〉調査を目的に、2003年5月に日本から打ち上げられた小惑星探査機はやぶさが地球に帰還した。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るというミッションは、NASAでさえ成し得なかった人類初の快挙だった。7年間、60億キロにも及ぶ旅は、絶体絶命のピンチの連続。大きなプレッシャーと次々と降りかかるトラブルに、メンバーたちはどのように立ち向かっていったのか……。

<ポイント>
・世界に誇るはやぶさの誕生から帰還までを語る真実の物語
・俳優陣の完全コピーぶりはJAXAスタッフのお墨付き、まさしく実話
・充実のオーディオ・コメンタリー
―はやぶさ関係者が映画本編だけではなく、オーディオ・コメンタリーにも協力。映画の裏側から実際のミッションの様子まで、より映画を楽しめる充実の内容(Amazon.co.jp)








とても感動的だった。
この映画が、と言うよりも、このプロジェクトに感動した。
このような偉業に関わった人たちが、うらやましい。
一生涯、誇れる仕事である。
もしGHBが、このプロジェクトに参加していたなら、大気圏突入の瞬間。
ただただ、涙を流すこと以外、出来ることは無かっただろう。
これだけ壮大な旅をした「はやぶさ」。
最後に、これでもか、というくらいに光り輝き、燃え尽きて消滅してしまうはかなさも、人々の心を動かしたのであろう。














2012-04-19
タグ:はやぶさ
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

岳-ガク- [├ドラマ]


製作年:2010年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:片山修
製作:島谷能成、神山郁雄、亀井修、佐藤政治、熊谷玄典、雨宮俊武、堂馬隆之、石田耕二
脚本:吉田智子
原作:石塚真一、
撮影:藤石修
音楽:佐藤直紀
出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、やべきょうすけ、尾上寛之、波岡一喜、石田卓也、矢柴俊博、渡部篤郎
命の危険と隣り合わせの山岳救助ボランティアの活躍を描く石塚真一のベストセラー・コミックスを、「クローズZERO」の小栗旬と「曲がれ!スプーン」の長澤まさみの共演で実写映画化した山岳ヒューマン・アドベンチャー。監督はTVを中心に活躍する片山修。雄大な北アルプス山系。誰よりも山を愛する男・島崎三歩は、ここで山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っていた。そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美がやって来る。同じ山岳救助隊の隊長・野田や三歩の指導の下、着実に成長していく久美だったが…。









特に期待もせず、ひとまず、観てみましょう、ってことで。

いつもそうなんですが、原作とか関係なしに、前情報一切なし。

出てくる役者さんたちは、テレビドラマなんかで、よく出てくる人たち。
まぁ、テレビドラマと似たようなモンかなぁ。
そんな気持ちで観ていたけど。

これが結構イイ。

なんて言うのかな。
観終わったあと、スガスガしい気分になりました。

物語に、結構引き込まれますし、エンドロールでの爽快感。

映画は、観てみなければ、わからない。

ちなみに、小栗旬って役者さん、GHBはあまり好きではなかったけど、これ観たら、好感度アップしました。
あとは、ノーマークだった長澤まさみ。
要チェックですね。





2012-01-19
タグ:岳-ガク-
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あしたのジョー [├ドラマ]


製作年:2010年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:曽利文彦
製作:藤島ジュリーK.、島谷能成、吉羽治、辰巳隆一、羽雁彰、松田英紀、北山有一郎
脚本:篠崎絵里子
原作:高森朝雄、ちばてつや
撮影:橋本桂二
音楽:北里玲二、高橋哲也
出演:山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦、勝矢
TVアニメ化もされ絶大な人気を博した高森朝雄原作、ちばてつや作画の傑作ボクシング漫画を、山下智久主演で実写映画化。共演は伊勢谷友介、香川照之。監督は「ピンポン」の曽利文彦。昭和40年代の東京。下町のドヤ街でケンカに明け暮れ、荒んだ生活を送る青年、矢吹丈。そんな丈にボクシングの才能を見出し惚れ込んだのが、しがない元ボクサーの丹下段平。ところが、丈は問題を起こして少年院へ。そこで出会ったのがプロボクサーの力石徹。いきなり拳を交えた丈は、チャンピオンにも匹敵する実力を持つ力石の前に屈辱を味わうことに。一方の力石も、丈の秘めたる才能に気づき、2人は互いに対して激しいライバル意識を燃やしていくが…。(TSUTAYA DISCAS)






「あしたのジョー劇場版」(アニメ)を、わざわざ映画館に行って観たのが、中学のとき。
アニメにも関わらず、映画を観て泣いたのは、この映画が生涯初の出来事だった。
30年以上経っても、非常に印象深い映画だった。

そして、実写版。

うれしいことに、時代設定も、登場するキャラクターも、当時のまんま。
もし仮に、現代版にアレンジされていたならば、この映画の存在意義は無かっただろう。
アニメ版を観た人は、最高に楽しめるんじゃないかな。

力石と丈の、完璧に鍛え上げられた身体を見られるだけでも、この映画の満足度は大きいですね。
減量と筋力アップと。
役者の仕事へ対する情熱を感じた。

顔を殴られて、メチャクチャに変形するシーンも、CGでは無くて、実写だそうです。

男と男の、命を掛けた戦い。
涙無くしては、観ることは出来ません。
ぜひ、ハンカチを用意して、ご覧ください。

アニメ版を知らなくても、充分に楽しめるとは思いますが、出来ることなら、アニメ版を観てからの方が、より、深い感動が得られるかも知れません。
丈と力石が、なぜそこまでライバル心を燃やすのか。
そのあたりの経緯は、実写版はかなり端折ってあり、アニメ版の方が、しっかりと描かれています。







2011-09-10
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フラガール [├ドラマ]


製作年:2006年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:リ・サンイル(李相日)、李相日
製作:李鳳宇、河合洋、細野義朗
脚本:羽原大介、李相日、羽原大介
撮影:山本英夫
音楽:ジェイク・シマブクロ
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩
 炭坑の閉山で活気を失った町の再生を期して計画されたレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる感動秘話を映画化したハートフル・ストーリー。昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。“常磐ハワイアンセンター”のオープンに向け、目玉となるフラダンスショーのダンサー募集が地元の少女たちに対して行われた。しかし、集まったのは、紀美子、早苗、初子、小百合のわずか4人だけ。そんな中、元SKD(松竹歌劇団)のダンサー平山まどかがフラダンスの教師として招かれ、東京からやって来るのだったが…。(TSUTAYA DISCAS)







3.11東日本大震災。
原発事故。

その福島県が舞台。

昭和40年代。
エネルギー転換の時期。
石炭から石油へ。

変わりつつある時代の、炭鉱で働く人々の物語。

時代の変化に気が付く人。
今までの暮らしを信じ、頑なに守ろうとする人。

いま、そこにあるものが、すべてではない。

未来を信じ、夢を追い求め、叶えようとする。
夢は、新しいものを生む。

今の時代に置き換えてみよう。

そこにあるもの(原発)が、すべてではない。
時間は掛かるかも知れない。
それに代わるエネルギーだって。

なんか話がズレてしまいましたが。

こんな時期に、夢のあるお話です。
元気がもらえます。

恥ずかしながら、3回、泣きました。

どうってことない、お話ですが、心に響きました。

豊川悦司。
いい味出してます。

蒼井優って女優。
どれほどキレイってわけじゃないけれど、スゴイ女優さんです。

想像以上に、イイ映画です。













2011-06-23
タグ:フラガール
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

黄泉がえり [├ドラマ]


製作年:2003年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:塩田明彦
製作:児玉守弘
脚本:犬童一心、斉藤ひろし、斉藤ひろし、塩田明彦
原作:梶尾真治、梶尾真治
撮影:喜久村徳章
音楽:千住明
出演:草なぎ剛、竹内結子、石田ゆり子、哀川翔、山本圭一(山本圭壱)、伊東美咲、田中邦衛、忍足亜希子、長澤まさみ、市原隼人、草なぎ剛、山本圭壱
九州阿蘇のとある地域。ここで少し前から驚くべき現象が頻発していた。死んだ者が、死後も自分のことを想い続けてくれた人の前に、ある日突然現われるのだ。それは、ゾンビや幽霊などではなく死んだ当時のままの姿で蘇るのである。最愛の人との再会に喜ぶ家族や恋人の一方で困惑する周囲の人々。厚生労働省勤務の川田平太は故郷で起った謎の現象を解明するため現地に赴く。そこで、川田は死んだ親友のフィアンセだった橘葵と再会する。葵もまた恋人の黄泉がえりを待ちわびていた。そんなある日、川田は<黄泉がえり>にある法則を見出すのだったが…。(TSUTAYA DISCAS)






GHB、勘違いしてました。

久々に、泣ける映画、ってことでチョイス。

泣けるどころか、なんとも詰まらん映画でした。
草なぎ剛と竹内結子の、純愛物語かなんかだと思っていました。

したらば、次から次へと、死者が生き返り。
その中心には、大きなクレーターが。
な~んだ、SF映画だったのね。
と思いきや、そのクレーターに関するお話は、一切なし。

柴崎コウも出てきますが、いまいち、設定が不明。

結局、何が言いたいのか、わかりませんでした。












2011-06-07
タグ:黄泉がえり
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハナミズキ [├ドラマ]


製作年:2010年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:土井裕泰
製作:八木康夫
脚本:吉田紀子、吉田紀子
出演:新垣結衣、生田斗真、蓮佛美沙子、ARATA、木村祐一、松重豊、向井理、薬師丸ひろ子、徳永えり、金井勇太、生田斗真
一青窈の同名ヒット曲をモチーフにしたラヴ・ストーリー。北海道に暮らす高校生の紗枝は、漁師の仕事を手伝う同学年の康平と出会い恋に落ちる。東京の大学に合格し、夢へと近づいていく紗枝と北海道に残る康平は、次第に心がすれ違っていく……。(TSUTAYA DISCAS)






高校生2人のラブストーリー。
彼女は、東京の大学に入学し、2人の距離は広がって行き。
これといって、見所のない映画かな。
しいて言えば、二人のすれ違い具合、タイミングの悪さを、観る人がヤキモキするあたりか。
若い頃を思い出し、恋愛がしたい!
なんて思えただけでも、良しとしようかな。










2011-04-29
タグ:ハナミズキ
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おっぱいバレー [├ドラマ]

無題.jpg

2008年 / 日本
監督: 羽住英一郎
製作: 堀越徹 千葉龍平 阿部秀司 上木則安 遠藤茂行 堀義貴 西垣慎一郎 平井文宏
脚本: 岡田惠和 岡田惠和
原作: 水野宗徳
撮影: 西村博光
音楽: 佐藤直紀
出演: 青木崇高 綾瀬はるか 仲村トオル 石田卓也 大後寿々花 福士誠治 光石研 田口浩正 市毛良枝 石田卓也

実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性教師の成長と彼女のおっぱい見たさに見違えるように練習に励む弱小男子バレー部員たちの奮闘をさわやかに綴る。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。1979年、北九州。赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレー部の顧問を任された新任教師の美香子。部員たちのやる気を引き出そうとの思いが先走り、“試合に勝ったら、おっぱいを見せる”というとんでもない約束をさせられるハメに。美香子の困惑をよそに、別人のように練習に打ち込むようになる部員たちだったが…。







前回紹介した「プラダを着た悪魔」とは反対に、男性におススメの映画。
女子が観てもOKですが。
年代的にも、GHBとかなりカブっていて、使われている音楽は、鳥肌モノ。
ここに出てくる中学生のように、自分も中学生のころは、あんな風にギラギラしていた。
そして、何をするにもハイテンション。
エネルギーが有り余っていたんだね。
この映画を観たら、当時の新任の先生を思い出した。
K先生。
Y社のK嬢と、同じ苗字。
短大卒業してすぐの赴任。
そして、自分の部活の副顧問に。
サーファーカット?っていうのかな。
ちょっと長めのサラサラフワフワ~な感じ。
中3と短大卒なので年齢も近く、とても親近感があり、大好きに。
帰りの方向が同じだったので、足を怪我したときには、毎日、学校から病院まで、助手席に乗せてもらって、二人きりに。
なつかしいです。
まぁ、映画のストーリーは置いといて、音楽を楽しむもよし、ちょっとエッチな気分になるもよし、昔を思い出すもよし。
なかなか楽しめる映画だと思います。








2010-03-15
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - ├ドラマ ブログトップ
imgicb (1).jpg