So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg
└アニメ ブログトップ

バケモノの子 [└アニメ]


製作年:2015年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > アニメ
監督:細田守
出演:役所広司 宮崎あおい 染谷将太 広瀬すず 山路和弘 宮野真守 山口勝平 長塚圭史 麻生久美子 黒木華 諸星すみれ 大野百花 津川雅彦 リリー・フランキー 大泉洋
『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督が人間界とバケモノ界がパラレルに存在する世界を舞台に描いた冒険活劇アニメ。ある日、バケモノ界に迷い込んだ人間界の少年はバケモノの熊徹と出会う。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった。





assocbutt_or_buy._V371070157_.png



久しぶりの映画観賞は、子どもたち向けに借りたアニメ。
親を失った少年が、バケモノの世界に迷い込み、バケモノに育てられるお話。
生みの親か、育ての親か。
少年の心の成長を描く。

まぁまぁ泣けます。

どんなに醜いバケモノでも、心は真っ直ぐ。
そして人間の心は、、、、、、

強い心とは?

そんな事を教えてくれる物語かもしれません。






assocbutt_or_buy._V371070157_.png

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フレンズ もののけ島のナキ [└アニメ]


製作年:2011年
製作国:日本
ジャンル:アニメ > キッズビデオ
監督:山崎貴 、 八木竜一
製作:亀井修、平城隆司、飯島三智、加太孝明、島村達雄、北川直樹、佐藤慶太、喜多埜裕明
脚本:山崎貴
音楽:佐藤直紀
出演:香取慎吾、山寺宏一、阿部サダヲ、加藤清史郎
浜田廣介の児童文学『泣いた赤おに』をベースに、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が3DCGアニメに初挑戦したファミリー・ファンタジー。共同監督には山崎貴と同じ白組所属のクリエイター、八木竜一。赤おに・ナキの声をSMAPの香取慎吾が担当。おそろしいもののけが住むと言われ、近づくことを禁じられた不気味な島にある日、人間の赤ん坊・コタケが迷い込んでしまう。ところが、人間を恐れてひっそりと暮らしていたもののけたちは、突然現われたコタケを見てパニックに。そんな中、コタケを人質にしようと考えた村の長老は、赤おにのナキにコタケの面倒を見るよう命じるが…。(TSUTAYA DISCAS)







子ども用に借りてみました。


ところがどっこい。
最高に素晴らしい映画でした。

子ども向けのアニメーション映画。
ほんの軽い気持ちで観ました。

しかし、その内容は。。。。。

涙の感動大作。

お子様と。
恋人と。
友達と。
ご夫婦で。
お一人で。

どんなスタイルでも構いません。

心地よい感動に包まれることでしょう。

なるべく多くの人に観てもらいたいので、ここでは、作品の内容には一切、触れないでおきます。

原発事故による、放射能の問題。
大飯原発再稼動。
消費税率アップ。
不景気。

頭を悩ませる問題だらけ。

そんな乾いた心に。
ほんのひと時でも、潤いを。。。。。













2012-07-03

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ゲド戦記 [└アニメ]



製作年:2006年
製作国:日本
原題:TALES FROM EARTHSEA
ジャンル:アニメ > オリジナルアニメ
監督:宮崎吾朗
脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子
原作:アーシュラ・K・ル=グウィン、
音楽:寺嶋民哉
出演:岡田准一、手嶌葵、菅原文太、田中裕子、香川照之
 ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新人・手嶌葵。多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲドは、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンと出会う…。(TSUTAYA DISCAS)








光があるから、影がある。
光だけの世界も無ければ、影だけの世界も無い。

人の心にも、光と闇がある。

「生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。そうして命はずぅーっと続いていくんだよ。」
テルーのセリフ。

これを聞いたとき、自分がこの世に生まれてきたことが、”意味”を持つこととなった。


竜が共食いをして、テルーが竜で。
意味不明な部分の多い映画だが、その内容は、とても深い。










2011-09-27
タグ:ゲド戦記
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

借りぐらしのアリエッティ [└アニメ]


製作年:2010年
製作国:日本
ジャンル:アニメ > オリジナルアニメ
監督:米林宏昌、米林宏昌
脚本:宮崎駿、丹羽圭子
原作:メアリー・ノートン、メアリー・ノートン
音楽:セシル・コルベル、セシル・コルベル
出演:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也
とある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたメアリー・ノートンの傑作児童文学『床下の小人たち』をスタジオジブリが映画化したファンタジー・アニメ。監督は、これがデビューとなる米林宏昌。両親と3人で静かに暮らしている14歳の小人の少女アリエッティ。彼らは、郊外の古い屋敷の床下に住み、必要なモノは人間たちに気づかれないようにこっそり床上から“借り”てくる、“借りぐらし”の小人たち。彼らの日常には危険がいっぱい。とくに人間は要注意。もし見られたなら、そこから引っ越さなければならない。それが彼らの掟。ところがそんなある夏の日、病気療養のためにやって来た12歳の少年・翔にその姿を見られてしまうアリエッティだったが…。(TSUTAYA DISCAS)






14歳の小人アリエッティと、人間の少年翔との、愛の物語。

2人は互いに、恋心を抱いてしまったのですね。
とても素敵な、美しいお話です。

しかしその一方。
とても残酷で、悲しい物語でもあります。

人間は、自分たちのエゴや欲求のため、多くの野生動物を絶滅に追いやった。
まるで、人間が地球を支配し、地球を自分たちのものであるかのように。

床下の住民たちも、同じように、滅びつつある・・・・
まして、現代の高断熱高気密住宅では、床下から人間の生活エリアへ抜けるルートの確保さえ、難しいでしょう。

「もののけ姫」に通じる、メッセージを感じました。

さらに、歴代のジブリ映画を思い出させる、数々のシーンがあって、それもまた、楽しく思えます。

アリエッティと翔の、ほんの数日間の物語。
短さが感じられるけど、そこから感じ取れるイメージや想像は、とても大きい。

「崖の上のポニョ」で感じたジブリ映画に対する不信感が、この映画では取り戻せたような気がします。










2011-09-07
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

千と千尋の神隠し [└アニメ]


製作年:2001年
製作国:日本
原題:SPIRITED AWAY
ジャンル:アニメ > キッズビデオ
監督:宮崎駿
製作:松下武義、氏家齋一郎、成田豊、星野康二、相原宏徳
製作総指揮:徳間康快
脚本:宮崎駿
原作:宮崎駿
音楽:久石譲
出演:柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子
両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。が、彼らは“不思議の町”の掟を破ったために豚にされてしまい……。空前の大ヒットとなった「もののけ姫」とは対照的に、現代日本を舞台に少女の成長と友愛の物語を描く、“自分探し”の冒険ファンタジー。(TSUTAYA DISCAS)






ジブリ史上、最高傑作では?
GHBとしては、子供に見せたい映画ナンバーワンです。

人として、最も基本となる、挨拶や礼儀、道理など。
大切なことを教えてくれる映画です。

財布やカードを持っていればオトナ?
あとから支払えば、勝手に食べてもいいの?
お世話になったらお礼を言う。

基本的なことですが、GHBも含め、出来ていない人が多いかも知れませんね。
時々、この映画を観て、襟を正されます。






2011-01-08

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

河童のクゥと夏休み [└アニメ]


2007年 / 日本
監督: 原恵一
脚本: 原恵一
原作: 木暮正夫
撮影:
音楽: 若草恵
出演: 田中直樹 西田尚美 なぎら健壱 ゴリ 冨沢風斗
不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、家族の絆や友情の大切さを織り込みつつさわやかに綴る。夏休みを心待ちにしていた小学生の上原康一は、学校帰りに不思議な石を拾う。持ち帰って水で洗うと、なんと河童の子どもが姿を現わした。康一によってクゥと名付けられたその河童は、康一たちと同じ言葉を話し、何百年ものあいだ、地中に埋められていたのだという。最初は驚いた家族も、クゥを受け入れ、周囲に気づかれないよう注意するのだったが…。







ぜひ、お子様とご一緒に観ていただきたい映画です。
GHBも、この前のお休みに、子供たちと観ました。
河童のお話なので、現実的には有り得ないことですが、夢やロマンを感じます。
そして、子供たちには、感じ取って欲しいことがたくさん詰まっています。
命の大切さ、友情、いじめの問題、家族愛、自然の大切さ・・・・
残酷な表現や、いじめのシーンなど、見るに耐えないようなシーンもありますが、逆にそこから、何が正しいのか、子供たち自身に感じ取って欲しいです。
まったくノーマークだった映画なのに、やられてしまいました。
子供とちと一緒だったにもかかわらず、ハッピーエンドにもかかわらず、ラストシーンでは、あふれ出そうに込み上げてくる何かが。
もしかしたら、どこかに河童は生きているかも。






2010-03-24
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

風立ちぬ [└アニメ]



製作年:2013年
製作国:日本
ジャンル:アニメ > キッズビデオ
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
原作:宮崎駿
出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎

かつて、日本で戦争があった。

大正から昭和へ、1920年代の日本は、不景気と貧乏、病気、そして大震災と、まことに生きるのに辛い時代だった。
そして、日本は戦争へ突入していった。当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?
イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、後に神話と化した零戦の誕生、薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。
この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く─。






激動の時代を生きた、ある男の半生。

飛行機を愛し、美しいものを作りたい。
仕事と煙草と、そしてひとりの女性。

感動的で非常に切ない。

今の時代なら、こんなに悲しく切ない思いはしなくて済む。

日本がこれ程までに発展したその理由の中に、皮肉なことに、戦争というものは、かなり大きなウェイトを占めていると言っても、過言ではなさそうです。

なかなか良い作品だと思います。



しかし、ジブリアニメとしては、どうなのか?

ジブリとは、大人も楽しめる、子どもの為の映画。
そう解釈していたGHB。

しかし、この作品は、子どもには見せづらい。
若い二人の深い愛情を表現する為なのか、何か所がキスシーンがある。

小さい子どもには、見せられません。

それだけが残念です。








タグ:風立ちぬ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
└アニメ ブログトップ
imgicb (1).jpg