So-net無料ブログ作成
検索選択
2765446.jpg
├Progressive Metal ブログトップ

Opeth / Sorceress [├Progressive Metal]


よりプログレッシヴに、よりエクストリームに! オーペスの通算12作目となるスタジオアルバム『ソーサレス』が完成! “女妖術師=ソーサレス"をテーマにした緩急のスリルに富んだプログレッシヴ・メタル! オーペスが迎える進化の瞬間が、新たな時代の幕開けとなる! 1990年にデビュー、ミカエル・オーカーフェルト(ヴォーカル、ギター)を中心に、作品ごとに恐れを知らぬ挑戦を続けてきたオーペス。12枚目のアルバムとなる本作では、“女妖術師=ソーサレス"をテーマに、さらに深遠なるプログレッシヴ・メタル・ワールドへと足を踏み入れていく。 前作『ペイル・コミュニオン』(2014)に続いて、本作はウェールズのロックフィールド・スタジオでレコーディングを行っている。クイーン『オペラ座の夜』やジューダス・プリースト『運命の翼』、そしてモーターヘッドのファースト・レコーディングなど、20世紀のロック・クラシックスの数々を生んできた“聖地"で、新世代の名盤がいま生まれる。 ミカエルが全曲を作曲・作詞、冥界の女王をタイトルに冠した「ペルセフォネ」「ペルセフォネ(スライト・リターン)」でアルバムの最初と最後を挟む本作。変拍子とオルガンをフィーチュアしたプログレッシヴなイントロからミッドテンポの重いハード・ロックに突入する「ソーサレス」、幽玄でアシッドフォーク・ナンバー「ソーサレス 2」など、緩急のスリルに富んだプログレッシヴ・メタルが全編を貫く。 オルガンを大胆にフィーチュアしたハード・ロック「ザ・ワイルド・フラワーズ」、アコースティック・ギターとタブラ、ストリングスが交錯する『レッド・ツェッペリンIII』ばりの世界観を提示する「ザ・セヴンス・ソジャーン」など、古色蒼然たるヴィンテージな味わいと21世紀ならではのモダンなエッジを兼ね備えた孤高の音楽性は、本作においても健在だ。 「このアルバムでは前進することが出来た。いや、横道に外れたのかも知れないし、後退したのかも知れない。とにかく変化したことは確かだ。極限まで多彩な作品だし、極限まで素晴らしい」とミカエルが誇る『ソーサレス』は、過去と現在、そして未来を繋ぐ妖しきマスターピースだ。 2006年の第1回『ラウド・パーク』フェスで初来日、2015年の日本公演では現代メタル界屈指のライヴ・パフォーマーとしての圧倒的な実力を見せつけた。アルバムの発売に前後して、大規模なワールド・ツアーを開始する。音楽シーンがうねりを起こしながら変動していく2016年、激動の中心にいるのがオーペスである。















assocbutt_or_buy._V371070157_.png342939-pcpict.jpg2603310.jpg

タグ:Opeth Sorceress
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
├Progressive Metal ブログトップ
imgicb (1).jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。